LINEモバイルに乗り換え契約(mnp)手順と方法【キャンペーンも解説】

LINEモバイルMNP乗り換え契約手順LINEモバイルのmnp乗り換え方法

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えたい人ソフトバンク(auやドコモ)からLINEモバイルに乗り換えたい人「今、ソフトバンクと契約しているけど料金が高いから格安SIMに乗り換えたい。格安SIMの中ではLINEモバイルが評判が良いみたい。LINEモバイルにMNP乗り換え契約の方法と手順が知りたい。LINEモバイルでキャンペーンもあるなら適用したい。」

 

こういった疑問を解決します。(ソフトバンクだけでなくau、ドコモなど全キャリアからの乗り換え方法を解説します)

乗り換えではない、新規契約の方も是非、参考にして下さい。

内容

  • 乗り換えるメリット(意味)
  • 大手キャリアでMNP予約番号発行方法
  • LINEモバイルのキャンペーンを確認
  • LINEモバイルにMNP乗り換え申し込みの手順(流れ)
  • SIMカードが届いた後の初期設定

(タイトルの他社というのは、ソフトバンク、au、ドコモ、ワイモバイル、UQモバイル、格安SIM会社の事です。)

LINEモバイルはiPhoneはもちろん様々なandroidに対応しています。(新型iPhone11/Pro/Maxもすぐに対応機種(動作確認される)になると思います)

新規契約を考えている方、大手キャリア以外から乗り換え(MNP)を考えている方も契約手順の流れは同じなのでぜひ参考にして下さい。

↓早速乗り換えたい人はこちらの記事!↓

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える方法

auからLINEモバイルに乗り換える方法

ドコモからLINEモバイルに乗り換える方法

ワイモバイルからLINEモバイルに乗り換える方法

mineoからLINEモバイルに乗り換える方法

申し込みの手順だけを見る

 

本記事の内容ですが、まず最初に乗り換える意味(メリット)を改めて再確認してもらいたいです。自分には何もメリットがなかったら、乗り換えをする意味がないのでしっかりと意味があるか確かめて下さい。

 

大手キャリアでMNP予約番号を発行する方法ですが、ワイモバイルやUQモバイルや格安SIMと契約している方も同じことですので参考にして下さい。

 

LINEモバイルのキャンペーンですが、これは不定期ですので開催しているか分かりません。キャンペーンは確かにお得ですが、最初だけ少しお得になる程度です。

なのでキャンペーンは開催していた方が良いですが、開催していないから乗り換えを辞めるというのは、現在契約中のキャリアで高い料金を払い続け事になったり、快適ではないSIMを使い続けることになりますので結果的に損に繋がる可能性があります。

なので、キャンペーンに左右されない方が吉だと思います。

 

そして、LINEモバイルに乗り換える方法を画像付きで完全解説させて頂きます。新規契約を考えている方、MNPを考えている方、どちらも基本的には契約の流れは同じなので参考にして下さい。

 

最後にSIMカードが自宅に届いた後の初期設定です。やる事は利用開始手続きとSIMカードの入れ替えとAPNプロファイルの設定です。難しそうに感じるかもしれませんが合計作業時間は30分かかりません。

 

申し込み完了後の数日後にSIMカードが届きますので、とりあえず今日できる事は申し込みまでです。

なので今日やるべき事は

  1. MNP予約番号発行(MNP転入)
  2. LINEモバイルに申し込み(MNP転出)

だけです!

合計でかかる時間は30分程度です。(早い人はもっと早く終わると思います)

乗り換えではなく、新規契約を考えている方は1の手順はなく2の申し込みだけです。

 

 

私は、最初「乗り換えってすごく難しくて時間かかりそうだな」と思っていたのですが、いざやってみると全然そんなことはなく簡単で時間もかかりませんでした。

今、難しそうだから、手間がかかりそうだからという理由で申し込みをしていない人はもったいないですし、損をしていると思いますのでやってみる事をおすすめします。

この記事を読めばなおさら簡単にできますよ!

LINEモバイルに乗り換えることによって得られるメリット

メリットもありますが逆にデメリットもあります。

大手キャリア、UQモバイル、ワイモバイルなどと比較した場合のデメリットは

  • 通信速度が低下する
  • キャリアメールが使えなくなる

主なデメリットってこのぐらいです。

次はメリットを紹介します。

人によっては月々6000円以上安くなる

大手キャリアの月々の支払金額は人にもよりますが6000円~1万円です。

対してLINEモバイルは3GBのプランで月々1690円で契約できます。

もし、今までソフトバンクで月々の料金が8000円払っていたとしたら

8000円-1690円で6310円も安くなります。

月々の料金が安くなるのは、格安SIMの醍醐味であり、最大のメリットです。

SNSのデータ消費量が0!

SNSをメインにスマートフォンを利用している方って多いです。

データ消費のほとんどがSNSという方もいます。

そのSNSを使用してもデータの消費量が0という破格のサービスがあります。(SNSカウントフリーと呼ばれています。)

このSNSカウントフリーはInstagram、Twitter、Facebook、LINEなどの主要なSNSに適用されます。

そしてSNSカウントフリーはテザリングにも適用されるのでテザリングでデータ通信をしている端末でSNSを使用してもデータ消費量0がです。

さらに、もしデータ容量が0になり通信制限にかかって通信速度が低速になってしまってもSNSだけは今まで通りの高速通信が可能です。

他の格安SIMにはない大きな魅力になっています。

ソフトバンク、au、ドコモの全回線に対応

 

LINEモバイルは、softbank、au、docomoの大手キャリア3回線に対応している数少ない格安SIMの1つです。

3回線全てに対応しているとどんなメリットがあるかといいますと

  1. SIMロック解除の手間が省ける
  2. 通信可能エリアが広い

というメリットがあります。

1つ目のメリットですが、ソフトバンク、au、ドコモで携帯を購入して契約していた場合スマホにSIMロックというものがかかっています。

SIMロックとはそのキャリアの回線のSIMでしか通信ができなくなるようになる制限です。

この制限をなくすためにSIMロック解除というものを行わなければならないのですがこれが手間となり乗り換えるのが面倒くさいという人がたくさんいます。

ですが、LINEモバイルには大手キャリア3回線から選ぶことが出来ますので

  • auから乗り換える人はau回線
  • docomoから乗り換える人はドコモ回線
  • softbankから乗り換える人はソフトバンク回線

を選択すればSIMロック解除の手間が省けます。

次に通信可能エリアが広いというメリットですが

あなたの住んでいる地域は、もしかしたらsoftbankの電波は強いですけど、auとdocomoの電波は弱いかもしれません。

この場合、ソフトバンク回線を選ぶと思います。

地域によって強い電波、弱い電波が変わりますが、地域に合わせてベストな電波を選ぶことができますので強みになっています。

 

LINEモバイルのメリットはまだまだありますが、今回は主要メリット3つを紹介させて頂きました。

大手キャリアからMNP予約番号を発行する手順

MNPとはMobile Number Potabilityの略で、現在使用している電話番号を変更しないで乗り換える事サービスです。

softbankで080-9876-5432という電話番号を使用していてMNPすればLINEモバイルでも080-9876-5432が使えるという事です。

このMNPをするために、MNP予約番号というものが必要です。

これからこの予約番号を発行する方法を解説していきます。

au、docomo、softbankそれぞれショップに行って発行する方法がありますが本当におすすめできないです。

理由は、無駄に手数料を払わなければなりませんショップに行く手間もありお客さんが先に居た場合1時間以上待ち時間発生する可能性もあるからです。

それに比べて電話で発行する方法は無駄に手数料がかかりませんし、数分で発行完了できますのでお勧めです。

電話での発行が一番簡単なのでそれぞれ電話での発行方法を解説します。

2つの注意点

発行手順解説の前に注意点が2つあります。

一つ目は引き留めです。

MNPすることを伝えると、乗り換え先、理由を聞かれることがあります。そして「ソフトバンクに残ってくれたら安くします」「ワイモバイルに乗りかるなら安くしますよ」という引き留めをされることがあります。

一見お得に感じるかもしれませんが、長い目で見たらLINEモバイルの方が圧倒的に安いので断った方が良いです。

「結構です」とはっきり言えば、しつこく引き留めされることもありません。

 

二つ目は有効期限です。

予約番号には有効期限があり有効期限がきれてしまうとまた再度はっこうしなければなりません。

有効期限は発行してから15日間なのですが、LINEモバイルは10日以上期限が余っていないと申し込みを受け付けてくれません

なので発行したらその日のうちに早速、申し込む事をおすすめします。

ソフトバンクで取得する手順

ソフトバンクの窓口(5533)に電話

ソフトバンクと契約している携帯から*5533
それ以外の電話から0800-100-5533

↑予約番号発行を受け付けてくれる窓口です。受付時間9:00~20:00

  1. ソフトバンク窓口に電話します。
  2. 自動音声案内が始まりますそれに従い番号を押して下さい。
  3. 携帯番号や暗証番号の入力を求められます。(暗証番号が分からない場合は入力せずに待っていてください。)
  4. オペレーターさんに繋がりますので「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝えて下さい。
  5. 本人確認のために名前や生年月日を尋ねられます。
  6. MNPの説明を受けて、発行完了です。

SMSメッセージにて予約番号と有効期限が送られてきます。

auで取得する方法

au窓口(007775470に電話

au契約電話・一般電話0077-75470

受付時間9:00~20:00

  1. au窓口に電話をかけます
  2. 音声ガイダンスが始めるので、従って番号をダイヤルします
  3. オペレーターさんに繋がりましたらMNP予約番号を発行して欲しい事伝えて下さい
  4. 本人確認の質問で名前や生年月日を答えます
  5. MNPの注意事項、説明を受けた後に発行完了です。

SMSで予約番号と有効期限が届きます。

ドコモで取得する手順

ドコモ窓口(151)に電話

ドコモと契約している携帯から151
それ以外の電話から0120-800-000

受付時間は9:00~20:00

  1. ドコモに電話します
  2. 音声ガイダンスが始まるので、案内に従い番号を入力します
  3. 本人確認のために個人情報(氏名、生年月日、電話番号)の質問をされます。
  4. MNP転出の説明を受けて、発行完了です。

その後、SMS(電話番号メール)にてMNP予約番号と有効期限が載っているメールが届きます。

回線が切り替わるタイミング、解約はいつになる?

現在契約している会社からLINEモバイルに回線が変わるタイミングは、申し込みをしてSIMカードが届いた後に行う「回線開通手続き」をした瞬間に切り替わります。

解約されるタイミングですが、これも「回線開通の手続き」をした瞬間に自動的に乗り換え前の会社とは解約されます。

MNP予約番号を発行する以外は、乗り換え前の会社で何かすることはありません。(SIMロック解除する人は除く)

LINEモバイルはキャンペーン開催中なのか確認

LINEモバイル自体が、キャンペーン無しでも十分にお得ですがキャンペーンが開催してるならそれはそれでさらにお得になるのでありがたい話ですよね。

そんなキャンペーンの確認方法を紹介します。

  1. LINEモバイル公式サイト←を開く
  2. メニュー欄にある「キャンペーン」をクリック

これだけです。

さんスマホ版LINEモバイル公式サイト

パソコンの方は上に「キャンペーン」がありますが、スマホの方は画像にある左上の3重になっている線をタップすればメニューが開きその中に「キャンペーン」がありますのでタップして下さい。

LINEモバイルのキャンペーン

キャンペーンのページを開くと、こういった風に分かりやすく画像とテキストでで表示されています。

どういったキャンペーンが開催されたことがあるかというと

  • 回線変更手数料割引キャンペーン
  • 平成最後のTwitterキャンペーン
  • Twitterクイズキャンペーン
  • 格安スマホセール

などがあります。

 

結構LINEモバイルはキャンペーンが開催されている場合が多いですが、開催されていなときにキャンペーンの開催を待ってもその後、お得なキャンペーンが開催されるか保証はありませんので少しでも早く乗り換えて月額料金を安くする方が得すると思います。

LINEモバイルへMNP乗り換えの申し込み

新規契約の方もやる事はほぼ同じですので参考にして下さい。

乗り換えに必要なもの

  • メールアドレス
  • クレジットカードorLINE Payカード
  • MNP予約番号(新規契約の方は必要ありません)
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)

4つ準備できていればOKです。

早速乗り換え手順を説明していきますが、ここからは簡単で、流れに沿って自分のプランを選択していくだけなので説明無しでも大丈夫だと思います。(説明みてると時間がかかってしまいます)

心配な方は、説明を見ながら申し込んでみて下さい!

LINEモバイル申し込みページ

申し込みページへ行きプランを選択

まず申し込みページに行く

まずはLINEモバイル申し込みページ←にいきます。(クリックすると開きます)

LINEモバイル公式サイト注意事項を確認して申し込み

ページを開いたら右上の「申し込む」ボタンを押します。

次に申し込みに必要なもの、流れ、キャンペーン、注意事項などが書かれたページが開かれますので目を通して下にスクロールしていき「上記事項に同意の上、申し込む」をクリックして下さい。

通常申し込みをチェック

通常申し込み

通常申し込みをクリックして次へ進んでいきます。

回線選び

LINEモバイルのソフトバンク回線

SIMフリー端末の方は、どれを選んでもOKです。

しかし、キャリアのSIMロックがかかっている方は乗り換え前と同じ回線しか利用ができないので同じ回線を選んでください。

心配な方は無難に乗り換え前のキャリアを選ぶのが良いと思います。

プラン選択

lineモバイルのプラン選択

 

プランを選びます。

おすすめはTwitter、LINE、Facebook、Instagramのデータ消費量が0になる「コミュニケーションフリー」です。

基本データ容量とサービスタイプを選択

3GBの音声通話SIM

SNSカウントフリーという優秀な機能がありますので、SNSを結構使っていた人はかなりデータ容量を節約できます。

なので今までのデータ容量から1つ下げるのがおススメです。

サービスタイプは「音声通話SIM」を選択します。

データSIMは安いですが、電話番号で電話ができないSIMです。(データ通信専用SIM)

通話サービスを選択

10分かけ放題サービス

電話を頻繁にする方は【10分かけ放題に加入する】がおすすめです。

「LINEの電話しか使わない」「電話なんかたまにしかしない」という方はいつでも電話のみを選択して下さい。

申し込み区分を選択

MNP転入申し込み

新規契約を考えている方は「新規番号での申し込み」

MNPを考えている方は「他社からの乗り換え」

を選択します。

MNP予約番号入力

MNP予約番号や有効期限

新規番号での申し込みを選択した方はここを飛ばして次の手順に移ってください。

  • MNP予約番号
  • 有効期限
  • 引き継ぐ電話番号

MNP予約番号と有効期限は発行した際にSMSでメッセージが届いていますので確認して下さい。

端末を購入するかしないか

端末+SIMカード

スマホを用意している、今使っているスマホを継続して使うという方は「SIMカードのみ」

持っているスマホが遅い、使えない、機種変更したいという方は「端末プラスSIMカード」を選択して下さい。

購入する場合、おすすめのスマホはHUAWEI P30です。

SIMのサイズを選択

androidはナノSIM

au回線の方はサイズを選ぶ必要はないです。

docomo、softbank回線選んだ方はサイズを選んでください。

ちなみに今使われているスマホはほとんどナノSIMです。

その他のオプション選択

linemobileのオプション

お好み、必要なオプションを選んでください。個人的には全部なくても困らないと感じています。

無駄なオプションを付けると月々の料金が高くなってしまうので気を付けて下さい。

お客様情報を入力

linemobileのお客様情報入力

お客様情報(名前、生年月日、住所、メールアドレス、電話番号など)を入力していきます。

ここで入力する情報と本人確認書類の情報が不一致になってしまうと申し込み失敗となってまたやり直さなければなりませんので慎重に確認しながら入力を行ってください

入力できたら「次へ進む(メール送信)」クリックして下さい。

本人確認するためのメールを受信

本人確認書類アップロードのお願い

本人確認するためのURLが送られてきますので、クリックして開いてください。

有効期限は24時間なので気を付けて下さい。

本人確認書類アップロード

本人確認書類をアップロードします。

できるだけみえやすい、ぶれていない、ボケていない、綺麗な画像をアップロードして下さい。

 

そして、下にスクロールして当てはまるものにチェックを付けて「次へ進む」をクリックして下さい。

支払い情報選択した後にIDを作ります

支払い方法を選びます

lineモバイルの支払方法

支払い情報を

  • クレジットカード
  • LINE Payカード
  • LINE Pay

この中から選択して下さい。

LINEモバイルIDを作成します

LINEモバイルのログインID作成

my softbank、My au、My docomo、my ymobileなど大手キャリアなどにはマイページがありましたがLINEモバイルもマイページがありますのでマイページのためのログインIDとパスワードを作成します。

最終確認をして申し込み完了

最終確認をします(情報の入力ミスに気を付けて下さい)

LINEモバイル申込内容の最終確認

プランや入力したお客様情報をしっかりと確認して下さい。

しっかり確認して情報入力のミスがないと確信が持てたら「申し込む」をクリックして下さい。

確認メールを受信

お申込み受付完了メール

「お申込み受付完了のご連絡」というメールが届きます。

実はこれで終わりではなくて、少し経ったら「契約成立のお知らせ」というメールか「お申込みキャンセル」というメールが届きます。

「契約成立のお知らせ」メールを受信したら本当に申し込みが完了したことになります、

ですがもし「お申込みキャンセルのご連絡」が届いてしまったら恐らく原因は入力した情報と本人確認書類の情報不一致です。もう1回申し込みをして下さい。

まだ申し込みをしていない方は早速申し込みましょう!

SIMカードが届いた後の初期設定や手続き

契約が成立してから1~4日間ぐらいで家に封筒が届きます。中にはSIMカードや納品書、説明書などが入っています。
SIMカードを取り出して、スマートフォンに差し込めば通信ができると私は勝手に思っていましたがそれ以外にもやらなければいけない設定と手続きがありました。
届いてからやる事は
  • 利用開始手続き(MNP開通)【2分】
  • SIMカード入れ替え【2分】
  • APNプロファイル設定【3分】

【】内は作業にかかる時間です。

APNプロファイルとか専門的な言葉があるので、難しそうな感じがしますが簡単です。やってみれば分かります。

初期設定非常に簡単ですので、簡潔に説明しますが詳しく知りたい方はLINEモバイルと契約後の初期設定←をご覧ください。

利用開始手続き(MNP開通)をする

利用開始手続きをしないとSIMを差してもAPN設定をしても通信ができません。

手続きは電話、インターネット(マイページ)からと自動に変わるのを待つという方法があります。

自動的は2日ぐらい放置すると勝手に切り替わる制度ですのであまりおススメしません。

なので1番簡単なマイページからの手続き手順を紹介します。

  1. マイページにログインする
  2. 「利用開始手続き」を押します
  3. 注意事項を確認してから「利用開始手続きをする」をクリックして完了です。

手続き自体はこれで完了なのですが、「サービス開始のお知らせ」というメールが届くまでは開通が完了していないので通信ができません。

「サービス開始のお知らせ」を受信するのに手続き完了後1~3時間程度と少し時間がかかりますのでお待ちください。

お知らせが届いたら次の手順に移ります。(17時以降に開始手続きをした場合、サービス開始は次の日になります)

スマホのSIMを入れ替えます

スマホの種類にもよりますが大体の端末でSIMを入れ替えるにはリリースピンが必要です。

SIMのリリースピン

こういう先がシャープなピンです。(針金やクリップを曲げたりすれば代用可能)

とりあえずスマートフォンのSIMの穴に入る硬めのものだったら何でもOKです。

SIMカードの入れ替え

SIMが入ってるところの穴を探して下さい。その穴にピンを差して少し押し込むと外れますので指で摘まんで取り外します。

simカードをスロットにセット

SIMカードの方向、向きを合わせてセットして下さい。ぴったりとはまります。
しっかりとセットできましたら、今までの手順とは逆にしてスマートフォンに差し込んでいってください、(元の状態に戻す)
これでSIMカードの入れ替えは完了です。
残りはAPN設定だけです。

最後の手順:APNを設定する

APN設定が終わったら天国です。モバイル通信が可能になります。android端末iとPhoneでは設定の方法が違うので分けて解説します。

android端末で設定

設定→(その他)→モバイルネットワーク→アクセスポイント名→新しいAPN
の順でandroidを操作して下さい。(全androidがこの通りではありませんが、操作方法は似ています)
新しいAPNを開くと通信、IT用語が並んでいますが
  • 名前は LINEモバイル
  • APNは line:me
  • ユーザー名は line@me
  • パスワード line
  • 認証タイプ PAPまたはCHAP

以上の項目を入力するだけでOKです。入力し終えたら、APNを保存してLINEモバイルを選択すればAPN設定完了です。これで乗り換えも完全に完了です。

iPhoneで設定

  1. APN設定から構成プロファイルをダウンロードして下さい。
  2. 設定アプリを開いて「プロファイルがダウンロードされました」をタップ
  3. インストールをタップしてAPN設定完了

完了すると左上のアンテナにau、docomo、softbank、4G、LTEと表示されてモバイル通信が可能になります。

これで本当に乗り換えが完了です。

設定したのにインターネットに繋がらない時

たまに、初期設定を全部終わらせたのに通信ができない時があります。

  • モバイル通信をオンにする
  • 機内モードをオンにしてオフにする
  • スマホを再起動させる
  • これまでの手順をミスなくぜんぶやったか確認
  • 電波が繋がりやすい所に行く

これらを試せば、大体通信可能になりますので試してください。

全部試してダメだったら、原因が分かりませんのでLINEモバイルにお問い合わせしましょう。

LINEモバイルの格安SIMに乗り換えて節約しよう!

大手キャリアや他の格安SIMからLINEモバイルに乗り換え(MNP)の方法を解説しました。

手順が分からない人、困っている人が1人でも多くしっかりと無事に乗り換えができれば幸いです。

この申し込みから初期設定の流れをこなした方なら実感したと思いますがそこまで時間もかかりませんし誰でもできる程に簡単です。(この記事を見ながらやればなおさらイージーです)

大手キャリア、ワイモバイル、UQモバイルからMNPを考えている人は月々の携帯料金を節約できます、LINEモバイル以外の格安SIM(MVNO)をお使いの方は方はカウントフリー、全回線対応など他にはない魅力がありますので乗り換えをおすすめします!

お得にスマホを使いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました