ソフトバンクからLINEモバイル!softbank回線に乗り換え(mnp)方法+メリット

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換え LINEモバイルのmnp乗り換え方法

ソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換える方法は?、ソフトバンク回線に切り替えたい、MNP予約番号を発行する手順教えて、乗り換えるメリットは?ソフトバンクのスマホでラインモバイルの格安SIMを利用したい、格安スマホが使いたい、MNP転入の方法を知りたい

という方はこの記事1つで解決させて頂きます!

乗り換え(mnp)ではなく新規契約でLINEモバイルのソフトバンク回線と契約したい方もOKです。

  1. ソフトバンクでMNP予約番号を発行
  2. LINEモバイルの申し込み

大まかに分けると、乗り換え(MNP)申し込み方法ってこの2つだけなんですよね。

難しいと思いがちですが実は簡単です!

それにソフトバンクから乗り換えをすれば、5000~7000円安くなる方もいます。

月々6000円安くなります→半年で3万6千円→1年で7万2千円→3年で21万6千円安くなります。

もしこれが、4人家族だった場合

ひと月で2万4千円→半年で14万4千円→1年で28万8千円、3年で64万8000円安くなります。

こうやって計算すると、半端じゃない程に料金が安くなることが分かります。

これは損する額でもあり、乗り換えたら得する額でもあります。

もし3年前に気づいていたら、目の前、もしくは銀行に入っていたお金です。

損するかどうかはこの事実に気づけるかどうか、そして気づいたあなたは乗り換えるという行動ができるかどうかです。

softbank高いのか、LINEモバイルが異常に安いのか。

ソフトバンクからラインモバイルに乗り換えなければ乗り換えない年数分の損が増えていきます

これが何年も続いたらどれだけの損なんでしょうか。考えるのも嫌な額の損になります。

ですが、今乗り換えてしまえばこんな嫌な思いしなくて済みます!

早ければ、早いほど得になり、遅ければ、遅いほど損になります。

早速、LINEモバイルのメリットと乗り換える方法について説明させて頂きます。

\キャンペーンをチェック/

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えるメリット

現在、ソフトバンク、ドコモ、auなどの大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える方々はたくさんいますが乗り換えるという事は大手キャリアよりもLINEモバイルに大きなメリットがあるから乗り換えをしたということになります。

じゃあLINEモバイルに乗り換えるとどんなメリットがあるのでしょうか?

乗り換えるメリットをいくつか紹介します。

料金が安い

はい。とっても安いです。格安SIMって呼ばれるくらいですから大手キャリアと比べてとても安くなっています。

それだけ料金に違いがあるのか比較してみます。

ソフトバンクを例にします。

3GBで契約した場合

ソフトバンクの内訳

データ定額ミニモンスター3GB(5980)+通話基本プラン(1200)+ウェブ使用料(300)

=月額7480円

softbankは通話基本プラン、ウェブ使用料などが自動的についてくるので、7000円を超えました。

LINEモバイルの内訳

コミュニケーションフリー3GB(1825)

=月額1825円

LINEモバイルはソフトバンクみたいに余分なプランがついてこないので1825円で収まりました。

さらに、コミュニケーションフリープランなのでSNS(インスタ、Twitter、フェイスブック、LINE)を利用したときのデータ消費量が0です。

最低利用期間が1年と短い

大手キャリアは、基本的には2年契約です。もし2年経たないうちに解約、乗り換えする場合は契約解除料金を10,000円程度払わなければなりません。

しかし、LINEモバイルは最低利用期間が1年です。そしてデータSIMの場合は最低利用期間がないのでいつ解約しても料金は減りません。(データSIMとは電話番号で通話ができないモバイル通信専用のSIMです。)

かなり節約できる

7480(ソフトバンク)-1825(LINEモバイル)=5655円

月々5655円の節約になります。年間67860円。

4人家族なら月22620円、年間27万1444円の節約ができます。SIMを変えるだけで。

2年で50万以上の節約です。

困った時LINEでサポートを受けられる

「これってどうすればいいんだろう?」って時にLINEモバイル公式アカウントからチャットでサポートを受けられます。電話だったりメールでのお問い合わせって面倒だなと思ってしまいますがLINEからのお問い合わができるのは凄い楽です。

プランが分かりやすい

ソフトバンクは、web使用料+通話基本料+データプランなどたくさん選ぶものがあってややこしくて分かりにくいです。

一方、LINEモバイルはデータプラン1つのみで契約ができてしまいます。シンプルイズベスト。

テザリングが無料+SNSカウントフリー効果もある

ソフトバンクでテザリングをするためには、オプションとして料金を払わなければなりません。

ですが、LINEモバイルはオプションを付ける必要がなく無料でテザリングが出来ます。

さらに、スマホA(親機)がデザリングをしてスマホB(子機)そのテザリングのWi-FiでSNSを使った場合通常はスマホAのデータが消費されますがテザリングにもカウントフリーが適用されスマホB (子機)がSNSをした場合データの消費量0になります。

データの繰り越しが可能

LINEモバイルは、余ったデータを翌月に繰り越す事が可能となっております。

例えば、先月1GB使い切らなかったとします。そうした場合今月にその1GBが繰り越してきて使えうようになります。

繰り越しの設定などは特になく自動で繰り越してくれます。

LINEモバイルに乗り換える前に

ソフトバンクのスマホはそのまま使える?

まずiPhoneの場合はiPhone5以降から最新のiPhoneまでが使えます。

iPhone5の下は4sですが4sより下は動作確認がとれておりません。

次にandroidですが、ここ数年以内に発売されたandroidならまず対応しているでしょう。

不安な方は、LINEモバイル公式サイトでご確認下さい。

私は、動作確認もされていない日本ではマイナーの海外製(中華製)スマホでLINEモバイルの格安SIMが使えるか試してみたところ何も問題なくモバイル通信ができました。(笑)

ドコモ、auから乗り換えを考えている方へ

ソフトバンクユーザーの場合は、そのままsoftbank回線に乗り換えができるのですが

au、ドコモのスマホで乗り換えをする場合は端末のSIMロック解除をしなければなりません。

auのSIMロック解除方法

  1. SIMロック解除←からSIMロック解除のお手続きをタップしてログイン
  2. チェックを入れて、下の方にある「次へ」をタップ
  3. 解除の理由を候補から選択して「この内容で申し込む」をタップ
  4. SIMロック解除手続き完了

もしIMEI番号(製造番号)を求められた場合は、設定を開き一般→情報→IMEI番号から確認できます。

もう1つ解除の方法があってauショップにいって「SIMロック解除をして下さい」と伝えるだけで簡単に最初から最後までやってくれますが3000円かかります。私はネットからSIMロック解除をするのがおススメです。

ネットなら無料ですしそれに、ショップまでいくなら自分がやった方が早いからです。

docomoのSIMロック解除方法

  1. My docomoにログイン
  2. 左上のボタンからメニューを開き「サービス一覧」を選択
  3. 「契約内容手続きのメニュー」「SIMロック解除 パソコン/スマホ共通」を選択
  4. IMEI番号を入力
  5. 「SIMロック解除を申し込む」と「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェック
  6. 「手続きを完了する」を選択
  7. SIMロック解除手続き完了

IMEI番号(製造番号)は設定>一般>情報で確認するか電話発信画面で「*#06#」とダイヤルすると表示されます。(デュアルSIMの場合はIMEI番号が2つ表示)
ドコモもauと同様にドコモショップに行き、店員さんに「SIMロックの解除お願いします」と伝えれば手数料3000円で手続きをしてくれます。

電話でも解除することが出来てドコモの電話からかける場合は、「151」ドコモの電話以外からかける場合は「0120-800-000」にかけると音声ガイダンス(ロボット)が始まります。ガイダンスに従い番号を押していくとオペレーターに繋がるのでSIMロック解除について伝えれば手続きを進めてくれます。

通話料金、手数料もかからずに無料でSIMロック解除ができます。

乗り換え(mnp)に必要なもの

LINEモバイルにそのまま申し込むという事はできなくて、MNP予約番号を取得しなければなりません。電話番号が変わっても良いという方はそのまま申し込んでもOK。

 

  • MNP予約番号(後で解説します)
  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード)
  • LINE Payカードかクレジットカード

↑必要なもの(準備する)ものです。これがあれば、乗り換え申し込みができます。

順調にいけば、今から30分以下で申し込み完了できるのでそこまで難しい作業ではないと思います。

MNP予約番号を取得

MNP予約番号とは?

MNP予約番号とは電話番号を変えないで、LINEモバイルに乗り換えをする際に必要な番号です。

MNP予約番号を発行した瞬間に解約という訳ではなく、LINEモバイルに乗り換え(MNP)て回線が開通したと同時に自動的に解約となります。

 

「電話番号ぐらい別に変っても良い!」という人はMNP予約番号を取得する必要はなく、そのままLINEモバイルに新規契約の申し込みをすればOKです。

 

予約番号取得方法(手順)

MNP予約番号を発行する方法は2つあります。
  • ソフトバンクに電話
  • softbankショップに行く

です。ガラケーの方のみMy softbankから申し込むことが出来ます。

どちらがおススメの方法かといったら断然、電話での取得がおすすめです。

なぜかといいますと、MNPをするという事はソフトバンクと契約を辞めるということですのでソフトバンクとしてはお客様が減るのでとても嫌がります。

なので引き留めという行為をしてくる場合があります。引き留めるといっても「お客様、乗り換えしないで下さいよー、このまま残ってくださいよー。」と手を引っ張って言ってくるわけではなく

「もし、乗り換えしないならこんなお得なクーポンあげますよ。」「乗り換えるならワイモバイル(softbankの子会社)がおすすめですよ。)

などお得な情報を教えてきたりクーポンを渡したりなどして、乗り換えを引き留めてきます。

一見、お得で安そうにみえるのですが実際は格安SIMの方が確実に安いです。

なので引き留められてもしっかりと断りましょう。

この引き留めが電話よりショップの方が強い可能性があるので電話での発行をお勧めします。

電話での発行方法

ソフトバンクの携帯から電話する場合→*5533

一般の電話から電話するばあい→0800-100-5533

受付時間はどちらも午前9時から午後8時までで通話料は無料です。

  1. 電話がつながると自動ガイダンスが始まるので「1」を押します。
  2. 案内に従っていくと、4桁の暗証番号を求められます。分かる場合は入力してください。分からないい場合はそのまま待っていればオペレーターさんに繋がります。
  3. オペレーターさんにMNP予約番号を発行して欲しい旨を伝えて下さい。
  4. オペレーターさんが手続きを進めてくださり、説明などを聞いて最後にMNP予約番号が発行されます。

乗り換え先の会社(LINEモバイル)やお得にみえる情報をチラつかせて引き留めてきますが、意志を強く持って「結構です」「大丈夫です」と言いましょう。

softbankショップでMNP予約番号を取得する方法は、ショップに行き店員さんに発行して下さいと伝えて手続き、説明、本人確認などをすれば発行できます。

ですが、ショップに移動する手間、時間がかかり引き留めもしつこい場合がありますので電話での発行を推奨します。

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換え(mnp)契約を申し込む方法

MNP予約番号を発行したら準備万端です。後はLINEモバイル公式サイトにて乗り換え(MNP)の申し込みをするだけです。

1番最後の手順であり、1番楽しい所だと思います。

それではソフトバンクからLINEモバイルに乗り換え(MNP)を申し込む方法を解説します。

スマホ画面の画像を使用して手順を解説しますが、パソコンから申し込む場合もやる事は同じなので参考にしてください。

(情報の入力ミスがあると、最初からやり直しになってしまうので間違っていないか確認しながら気を付けて下さい)→特に住所や生年月日など

公式サイトに行き、申し込みからプランを選択

公式サイトに行く

LINEモバイル公式サイト

↑をクリックすると公式サイトに行きます。

公式サイトが表示されたら右上の「申し込む」をクリックして下さい。

申し込みに必要な情報や流れが書いてあるページを下にスクロールして「上記事項に同意の上、申し込む」をクリックします。

通常の申し込みを選択

通常申し込み

通常の申し込みを選択します。

proceed-to-the-next

次へ進むをクリックして下さい。

回線やプランをを選びます

回線選択

LINEモバイルのソフトバンク回線

softbankから乗り換えの方は「ソフトバンク回線」を選択して下さい。

プラン選択

lineモバイルのプラン選択

LINEモバイルのデータ量のプランは3つあります。

・LINEフリー(1GB)

・コミュニケーションフリー(3,5,7,10GB)

・MUSIC+(3.5.7.10GB)

の中から選択する形になります。

LINEフリーはLINEを使用したときにデータを消費しない。

コミュニケーションフリーはLINE、Instagram、Twitter、Facebookの使用ではデータ消費が0。

MUSIC+はコミュニケーションプランの4つのSNSに加えてLINE MUSICのデータ消費が0になるプランです。

私のおすすめは真ん中のコミュニケーションプランです。

データ容量、サービスタイプ選択

3GBの音声通話SIM

3GBの音声通話SIMを選択しました。

LINEモバイルってSNSのデータ消費0なので結構持ちます。

なので3GBでも十分だと思います。「3GBじゃ足りねぇよ」って人は他のGBを選択して下さい。

 

データSIMは安いですが、その代わりに電話番号で通話をすることができないようになっています。

通話サービスを選び、MNP予約番号を入力

通話サービス選択

10分かけ放題サービス

頻繁に電話をする人は「10分かけ放題」に加入することをおススメします。

電話番号であまり通話しない人は「いつでも電話のみを利用する」を選択して下さい。

MNP予約番号入力

MNP転入申し込み

「他社からの乗り換え」選択します。

新しい電話番号を取得したい方は「新規番号での申し込み」をクリックして下さい。

MNP予約番号や有効期限

MNP予約番号、有効期限、転入予定番号を入力します。

忘れてしまった場合は、予約番号を発行した時に送られきたメールに載っていますので確認して下さい。もしくは、マイページから確認して下さい。

転入予定番号は現在あなたが携帯で使っている電話番号を入力します。

申し込み内容、オプション選択

端末とSIMカード

端末+SIMカード

現在お持ちのスマホを継続して使用することを考えている方は、「SIMカードのみ」

LINEモバイルでスマホの購入も考えている方は「端末+SIMカード」をクリックして下さい。

おすすめは

  • iPhoneを使いたい人→iPhone6s
  • 高機能なスマホなら→HUAWEI P30
  • コスパ重視なら→HUAWEI P30 lite

HUAWEIの世界シェア率はAppleを抜いたこともありますのでかなり信頼できるスマホメーカーです。

SIMカードのサイズ選択

androidはナノSIM

SIMカードのサイズはアイフォンの方は「iPhone」をアンドロイド、その他の方は「android・その他」を選択して下さい。

androidの場合はSIMのサイズの選択肢が、ナノSIM、マイクロSIM、標準SIMとありますがほぼナノSIMです。(動作確認端末が検索できるので一応検索して下さい)

私が所有している動作確認されていないスマホでナノSIMを挿し込みましたが通常通りにモバイルできました。

オプション選択

linemobileのオプション

 

オプションは2ヶ月無料、初月無料などのオプションもありますがオプションは正直全部いらないかなと感じました。必要な方もいると思いますのでお好みでお選びください。

お客様情報を入力してメールが届く

お客様情報入力

linemobileのお客様情報入力

お客様情報入力の画面です、あなた様の情報を入力して下さい。

入力ミスに気を付けてください。やり直しになってしまいます。

lineモバイルの利用規約

 

利用規約、プライバシーポリシー、重要事項説明、データフリー説明、LINE MUSICオプション規約、Wi-Fiオプション規約などLINEモバイルのルールに同意して次に進みます。

メールが届いたら本人確認

本人確認書類アップロードのお願い

すぐに先ほど登録したメールにLINEモバイルから「本人確認書類アップロードのお願い」という件名のメールが届きますので記載されているURLをクリックして本人確認を行います。

line mobileの本人確認

本人確認書類をアップロードすると、このような画面になりますのでしっかり確認してチェックをして下さい。

支払方法選択(LINE Payカードかクレジットカード)

lineモバイルの支払方法支払い方法を入力して次へ進む

LINEモバイルの支払方法はクレジットカードかLINE Pay カードかLINE Payとなっています。
LINE Pay、LINE Payカードを選んでも、メリットを感じなかったので私はクレジットカードにしました。

LINEモバイルのIDとパスワード作成

LINEモバイルのログインIDとパスワード作成
IDとパスワードを作成したら「登録して最終確認へ進む」をクリックします。
IDとパスワードは忘れないように紙かスマホのメモアプリにメモしてきましょう。

最終確認して申し込み完了

LINEモバイル申込内容のp最終確認

プラン、契約者・利用者情報、支払い方法、ログインIDに間違いがないか確認して下さい。

LINEモバイルに乗り換えを申し込む

全て確認したら、「申し込む」をクリックして下さい。
乗り換え申し込み完了
申し込み完了の画面です。これでソフトバンクから乗り換え(MNP)の申し込みが完了したことになります。
お申込み受付完了メール
お申込み完了メールです。申し込み後すぐに届きます。
これから、数時間、1日後くらいに 「LINEモバイル契約成立のお知らせ」というメールが届いたら本当にMNP(乗り換え)の申し込みが完了したことになります。

お申し込みが不成立だった場合の対処法

もし、「【LINEモバイル】お申込みキャンセルのご連絡」という件名のメールがとどいてしまった場合は、本人確認書類の情報と入力したお客様情報の違い、クレジットカードの名義と契約者の名義が違う事など原因と考えられます。

なのでもう1度お申込みから本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード)を手元に置いて間違いはないか確認しながらしっかりとミスなく入力すればLINEモバイルと契約できます。

 

SIMカードが1~3日後に到着

LINEモバイルと乗り換えの契約が成立してから1~3日後にSIMカードやマニュアル(説明書)が入った封筒がLINEモバイルから送られてきます。早ければ翌日に届きます。私の場合は2日後に届きました。

乗り換え前のSIMが今スマホに入っていると思います。そのSIMがいつまで使えるかという問題ですがLINEモバイルの回線が開通するまでは使えますのでご安心ください。

SIMカードが届いたら、すぐにソフトバンクのSIMカードとLINEモバイルのSIMカードを入れ替えたいところですが、入れ替える前に色々と手続きやら設定をしないといけませんのでSIMカードが届いてからの手順を解説します。

SIMカードが届いてから通話、通信可能になるまでの手順(回線切り替え)

SIMカードが届いたら回線を切り替えなければ、まだ通話や通信ができる状態になっていません。

回線切り替えをするためには利用開始(開通)手続きをします。

利用開始手続きをする方法は

  • 電話で回線切り替えの手続き
  • マイページ(ネット上)から回線切り替えの手続き

混んでいると電話では繋がらないことがあります。

まずは電話での手続き方法の解説です。

くわしくはこちらから→LINEモバイルが繋がるまでの設定

電話での利用開始手続き手順

利用開始手続き窓口→0120-889-279
受付時間→午前10時00分~午後7時00分
営業日→年中無休

混んでいる日や時間帯があります。

混んでいる日は月の終わりや月の初め。

混んでいる時間帯はお昼時です。

混んでいると、30分~1時間も待たなければならない時があるのでもし電話をかけて混んでいて待たないといけなくなてしまったらインターネット(マイページ)から手続きの申し込みをすることをおすすめします。

手続きの方法は、利用開始手続き窓口に電話をかけるとスタッフさんに繋がりますので「利用開始手続きをしていただきたいです。」と伝えればスタッフさんがあとはやってくれます。(IDを聞かれますので用意しておきましょう。IDは申し込みした際のメールに記載されているので確認しておきましょう)

電話での利用開始手続き方法はこれで終了です。

マイページ(インターネット)で利用開始手続き手順

電話での手続きの方法を見て「それだけで終わり?」と思った方もいると思います。

しかし、マイページでの手続き方法もかなり簡単な上にすぐ終わるのでぼくはこっちのやり方がおすすめです。

準備するのは

  • スマホorパソコン
  • LINEモバイルログインID&パスワード

だけです。

それでは利用開始手続きの方法を解説します。

マイページにログインする

LINEモバイルマイページログイン

最初にスマホかパソコンで(契約していないものでも大丈夫です)公式サイトにいきマイページにログインして下さい。

利用開始手続きをする

利用開始手続き

 

マイページにログインするとまだ利用開始手続きをしていない人は目立つように「利用開始手続き」と大きく表示されているので「利用開始手続きをする」をクリックして下さい。

LINEmobaile利用開始手続き注意事項

次にLINEモバイル利用開始手続きにおいての注意事項が表示されているので目を通した後に「次へ進む」を押します。

利用開始手続きをする

次へ進むをクリックするとまた「利用開始手続きをする」をクリックします。利用開始手続きをすることによってこちら側にデメリットはないのでできるだけ早く手続きは実行した方が良いです。

LINEモバイル利用(回線開通)開始手続き完了

「利用開始手続き完了」と表示されたら手続きは終了です。

1~3時間後に「サービス開始のお知らせ」のメールが届きます。サービス開始のメールが届いたらモバイル通信ができるようになる!訳ではなく、

  • SIMカードをスマホに差し込む
  • APN構成プロファイルダウンロード

後2つやることがありますのでサービス開始のお知らせメールを受信するまで今しばらく待ちましょう。

(17時以降に開通手続きした場合、サービスの開始は翌日からになります)

iPhoneのAPN構成プロファイル設定

APN構成プロファイルをダウンロード

LINEモバイルAPNプロファイル←こちらからプロファイルをダウンロードするか

lineモバイルのAPN構成プロファイルのQRコード

付属のマニュアルに載っているこのQRコードを読み取りapnプロファイルをダウンロードして下さい。

ダウンロードの時間自体は、1秒くらいで終了します。

設定を開きインストールする

lineモバイルのプロファイルがダウンロードされました

 

設定アプリを開くと「プロファイルがインストールされました」と表示されていますのでタップしてください。

LINEモバイルAPNをインストール

「LINEモバイルAPN」

  • 未著名
  • LINEモバイル用のAPN構成プロファイル
  • モバイルデータ通信設定

と表示されています。

右上の「インストール」をタップしてください。

これでiPhoneのAPN設定は終了です。

androidのAPNプロファイル設定

androidは機種によって、設定画面の表示、挙動が異なりますが行う事は同じなので参考にして下さい。

設定アプリを開く

モバイルネットワーク

SIMカードとモバイルネットワークをタップしてください。

SIMカーの設定

sprintという表示ををタップします。もしこの表示がなかったらアクセスポイントとか表示を見つけてタップしてください。

アクセスポイント名

アクセスポイント名をタップしてください。その次に「新しいAPN」「APNを追加」などの表示を探して押して下さい。

APN設定

lineモバイルのAPN設定認証タイプとAPNタイプ

プロキシ、APN、認証タイプなど難しそうなものが表示されます。

  1. 名前
  2. APN
  3. ユーザー名
  4. パスワード
  5. 認証タイプ

この5つの項目を入力すればOKです。

  1. 名前は          LINEモバイル
  2. APNは          line.me
  3. ユーザー名は line@line
  4. パスワードは line
  5. 認証タイプは PAPまたはCHARP

と入力して下さい。コピー&ペーストをすれば楽かもしれません。

入力し終わったら保存を押して下さい。

LNEモバイルのアクセスポイント

現在、ソフトバンクのAPNが選択されているのでLINEモバイルを選択して下さい。

これでアンドロイドのAPN構成プロファイルの設定は完了です。

スマホのSIMカードを入れ替え

android、iPhoneどちらもSIMカードの入れ替え方はほとんど同じなので、今回の説明はiPhoneを使用し解説します。

準備して欲しいものは

  • スマートフォン
  • リリースピン
  • lineモバイルのSIMカード

です。

リリースピンは、スマホを買った時に入っていた箱に入っていると思います。

リリースピンがない場合は、針金や針、クリップなどで代用できます。

SIMカードの入れ替え作業は、電源を切ってから行うようにしてください。

スマホのSIMスロットを外す

SIMスロットとはSIMが入れてあるところです。

SIMカード入れ替え

SIMスロットは大体→横側面にあります。機種によってはたまに上か下にあります。

 

SIMスロットを見つけたら穴が開いているのでその穴にリリースピンを差して少し押すと

スロットが外れます。(穴が開いていない場合は、そのまま手で外れるタイプかと思われます。)

画像には、SIMカードが入っていないスロットが写っていますがソフトバンクのSIMカードsoftbankと契約していた場合はソフトバンクのSIMカードが入っています。

iPhoneからSIMを取り出す

SIMをセットして差し込む

 

LINEモバイルのSIMカードを用意します。外は白くて開いてみると緑色の紙にSIMカードが付いています。

LINEモバイルソフトバンク回線のSIMカード台紙

SIMカードが台紙についているのでSIMカードを台紙から外します。

外し方はSIMカードの部分を押して少し力を入れると外れます。

(SIMは汚れると破損する可能性があるので、綺麗な手で行うようにしてください)

simカードをスロットにセット

SIMカード台紙に外したらスロットにセットします。丁度同じ形をしているので向きを合わせて、当てはめて下さい。

はめるというよりは、そーっと置く感じです。

SIMカードの入れ替え完了

SIMカードがセット出来たらスマートフォン本体にSIMカードスロットを戻していきます。

SIMカードを傷つけないように、慎重に行ってください。

取り外したときは、リリースピンを使いましたは戻す時は必要なく

指で簡単に押し込むことができます。

これで、LINEモバイルが使えるようになります!

乗り換え完了!したのに繋がらないの対処法

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えの申し込みをして、mnp転入出、利用開始手続き、SIMカードの入れ替えまで。

申し込みから初期設定の手順を全部こなしたはずなのにモバイル通信が繋がらない時があります。

そんな繋がらならない時の対処法をまとめました。

  • 数分様子をみる
  • 4G、データ通信ががオンにする
  • 機内モードをオンにしてオフにする
  • 圏外の場所にいる
  • スマートフォンを再起動する
  • 電波障害が起きている
  • SIMカードの表裏を逆に差し込んでいる
  • LINEモバイルからサービス開始のメールが届いていない
  • これまでの手順を見直す(本当にミスなく全部やったのか)
  • 最終手段:LINEモバイルにお問合せ

最終手段を抜くと9つの対処方法があります。

9つ全部試せば、90%の確率で直ります。

モバイル通信をオンにしていない、初期設定の手順を抜け落としていたなど些細なミスで繋がらないことが多いです。

それでも、直らない時はLINEモバイルにお問合せしましょう。

よし!早速ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える!

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える方法の手順と所要時間をおおまかにおさらいします。

  • softbankでMNP予約番号発行(5~10分)
  • LINEモバイルにmnp乗り換えの申し込み(10分)
  • 利用開始手続き(1分)
  • APN構成プロファイル(2分)
  • SIMカードの入れ替え(3分)

「そんな短くないでしょー」って感じですが、我々が行う作業の時間って実際はこのぐらいです。

今見ているあなたは、まだソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えをしていない方だと思います。

今まで、乗り換えをしていない理由は

  • やり方が分からないから
  • 面倒だから
  • LINEモバイルを知らなかったから

などいくつか考えられますが、できるだけ早く乗り換えるのが良い選択だと思います。

やり方はこの記事に全部載っていますし、結構簡単で面倒でもないです。(むしろ楽しかったり、わくわくしますよ!)

LINEモバイルに乗り換えれば

1人で月6000円、1年で7万2千円、3年で21万6千円、5年で36万円。

 

2人で月1万2千円、1年で14万4千円、3年で43万2千円、5年で72万円。

 

4人で月2万4千円、1年で28万8千円、3年で86万45円、5年で144万円。

これはでもあり、乗り換えた場合のするお金でもあります。

 

これだけの損をこれからしたいですか?

私はしたくありません。損をしたい方は、乗り換えをしなくても良いと思います。でもそんな方はいないですよね。

損するかしないかは気づいた者勝ちですが

これに気づき、乗り換えるかどうかはあなたの行動力次第です。

今からだって申し込みはできます。

損から逃れ、これから得をするためにもLINEモバイルに乗り換えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました