コメント欄は下のほうにあります

【厳選】TCL PLEXの格安SIMのおすすめはこちら!【対応バンド・購入・契約手順も紹介】

TCL PLEXの格安SIMのおすすめ

本記事では、

  • TCL PLEXの対応バンド(回線)
  • TCL PLEXにおすすめな格安SIM(スマホ)
  • TCL PLEXを格安SIMで利用する手順

を紹介しています。

現在格安SIMは現在何十社もありますが。その中から「TCL PLEXにおすすめな格安SIM」を3つに厳選しました。

TCL PLEXはSIMフリーのスマホで、あの価格でカメラもそこそこ良くて、処理性能などのスペックも良いというコスパがとても良いスマホです。

そんなコスパが良いTCL PLEXにおすすめの格安SIMを紹介していきます。

まずは、TCL PLEXの対応バンド(使える回線)を解説します。

TCLK PLEXの対応バンドは【ソフトバンク、ドコモ、ワイモバイル回線】

TCL PLEXの対応バンドは

TCL PLEXの対応バンド表
2G2/3/5/8
3G1/2/5/6/8/9/19
4G1/3/5/7/8/19/20/28/38/40
5G対応していません

対応バンド(周波数帯)はこうなっています。

ですが、これだけだとどの回線に対応しているか分かりにくいので簡単に説明すると

  • ソフトバンク(ワイモバイル)回線に対応
  • ドコモ回線に対応している
  • au回線に対応していない

↑こちらがTCL PLEXの対応回線状況です。

2G:2/3/5/8
3G:1/2/5/6/8/9/19
4G:1/3/5/7/8/19/20/28/38/40

※Docomo、SoftBank回線SIMに対応

引用元:TCL PLEX

実際に公式ショップにも「docomo、softbank回線SIMに対応」となっています。

なので、ソフトバンク回線(ワイモバイル回線)やドコモ回線の格安SIMでは利用できるけどau回線の格安SIMでは利用できないという事になります。(UQモバイルでは利用できない)

具体的にソフトバンク回線、ドコモ回線の格安SIMを挙げると

  • ワイモバイル
  • LINEモバイル(ドコモ回線、ソフトバンク回線あり)
  • OCNモバイルONE(ドコモ回線あり)
  • iiJmio(ドコモ回線あり)
  • nifmo(ドコモ回線あり)
  • BIGLOBEモバイル(ドコモ回線あり)
  • イオンモバイル(ドコモ回線あり)
  • mineo(ドコモ回線、ソフトバンク回線あり)
  • nuroモバイル(ドコモ回線、ソフトバンク回線あり)

こうなっています。

もちろん格安SIMではなく、ソフトバンクとドコモでも利用できます。

それでは、次にTCL PLEXにおすすめの格安SIMを紹介します。

TCL PLEXにおすすめの格安SIMはこちら【厳選】

TCL PLEXの格安SIMのおすすめ

たくさん、ある中で3つの格安SIMに絞りました。

先に結論を紹介すると

  • ワイモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • OCNモバイルONE

この3つの格安SIMのどれかがTCL PLEXにおすすめです。

ワイモバイル|メインで使うならココ

TCL PLEXとワイモバイル

参照:ワイモバイル

ワイモバイルの特徴
月額料金2,680円から(最初の6ヶ月間は1,980円)
メリット通信速度が速い、10分以内の通話がかけ放題
デメリット少しだけ、他と比べると高い
備考欄大手キャリア並みの速度で料金が安いというとても良い会社です

ワイモバイルの特徴はこうなっています。

SIMカードには

  • データSIM
  • 音声通話SIM

と2つのタイプがあります。

それぞれ簡単に説明をすると「データSIM」は電話番号を使って通話ができない、データ通信専用のSIM。「音声通話SIM」は電話番号で通話ができて、データ通信もできる一般的なSIM。

という感じです。

ワイモバイルは、「TCL PLEXを音声通話SIMで使いたい」という方におすすめの格安SIMです。

ワイモバイルは、格安SIMの中でもUQモバイルと1位、2位を争うほどの通信速度が安定していて速いです。(TCL PLEXは、UQモバイルの回線に対応していないので使えない)

そしてよく格安SIMのデメリットとして「時間無制限の通話かけ放題」のオプションがないという事が挙げられています。

普通の格安SIMは、「10分以内の通話かけ放題オプション」しかありません。

ですが、ワイモバイルには「時間無制限のかけ放題オプション」があります。

そしてこの「時間無制限かけ放題オプション」に加入しなくても、ワイモバイルは最初から「10分以内の通話かけ放題」です。他社の場合は、「月額800円程度」払ってオプションに加入しますが、ワイモバイルの場合はオプションに加入する事なく追加料金なしで「10分以内の通話がかけ放題」となっています。

デメリットとして少し他の格安SIMよりも高いとありますが、大手キャリア並みの速度をこの料金で利用できるのはかなり安いと思います。(他の安すぎる格安SIMは、速度が遅くて使い物にならない事もある)

「契約したけど通信速度が遅くて使い物にならない…」といった後悔をしないために、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルのキャンペーン情報はこちら

※期間限定なので申し込む方はお早めに。

OCNモバイルONE|端末を購入できる

TCL PLEXとOCNモバイルONE

参照:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの特徴
月額料金880円~
メリットスマホ本体が安い、格安SIMの中では速い
デメリットショップ(実店舗)がない
備考欄OCNモバイルONEは、スマホ本体を購入したい方におすすめ

OCNモバイルONEの特徴はこうなっています。

OCNモバイルONEのメリットは何といっても、スマホ本体を安く変える事です。

キャンペーンなどが開催されていないくても、他で買うよりも1万円くらいは安く買える事もありますし、キャンペーンが開催されていれば1万5千円以上安く購入する事も出来ます。

在庫があれば「TCL PLEX」も購入することができます。

次に「ショップがない」というデメリットですが、ショップがない事によって「ネット」から契約しなければなりません。今まで携帯ショップに足を運んで契約をしてきた人にとって、は少し難しいかもしれません。

ですが、私的には「ネットからの申し込み」の方が良い事が多いと感じていて、ショップに行く手間も省けますし、待ち時間なども発生しません。さらに、格安SIMなどはよくWeb限定のキャンペーンをやっているのでショップで契約したら損となっています。

初めての方にとってはネットから申し込むのは難しいかもしれませんが、やってみれば意外と簡単なので挑戦してみて下さい。

OCNモバイルONEは、安くスマホ本体を購入できるのでスマホ本体も購入するならOCNモバイルがおすすめです。

BIGLOBEモバイル|データSIM(サブ)ならココ

BIGLOBEモバイルとTCL PLEX

参照:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの特徴
月額料金900円から
メリットYou Tubeが見放題になるエンタメフリーオプションがある
デメリット店舗が少ない
備考欄You Tubeが見放題という破格のサービス

※BIGLOBEモバイルは、au回線とドコモ回線のどちらかから選んで契約しますがTCL PLEXでau回線は利用できませんので「ドコモ回線」を選ぶようにして下さい。

BIGLOBEモバイルの特徴はこうなっています。

BIGLOBEモバイルと契約する最大のメリットは、やはり「エンタメフリーオプション」です。

エンタメフリーオプションは、音声通話SIMなら月額480円、データSIMなら月額980円で加入できるオプションで、このオプションに加入すると対象のサービスが使い放題(データ消費0)となります。

You Tubeなどの対象となるサービスを、データ容量を気にせずたくさん視聴する事ができるという事です。

対象のサービスは

  • You Tube
  • Abema TV
  • U-NEXT
  • Radiko
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • AWA

など音楽サービスや動画サービスが使い放題になります。

まだまだ対象となるサービスはありますので、

↑気になる方は公式サイトにて確認して下さい。

BIGLOBEモバイルのデメリットは「店舗が少ない」という事です。

OCNモバイルONEのデメリットと被りますね。

ですが、オンラインから申し込まないと適用されないキャンペーンなどがありますので私は「ネットから申し込む」事をおすすめしています。

通信容量を気にせずに、たくさん動画を楽しみたい方はBIGLOBEモバイルがおすすめです。

TCL PLEXを格安SIMで使う手順【購入・契約】

TCL PLEXを格安SIMで使う手順をこれから解説していきます。

TCL PLEXを格安SIMで使う手順は大きく分けて二通りあって

  • TCL PLEXを持っている方は、「SIMカード」だけを契約する(持ち込み)
  • TCL PLEXとSIMカードをセットで契約する

この2通りがあります。

ですが、契約する際に「SIMカード」のみを申し込むか、「端末とSIMカードのセット」を申し込むかの違いだけなので特に気を付ける必要はありません。

TCL PLEXを格安SIMで使う流れとしては

  1. 契約する格安SIMの公式サイトへいく
  2. 申し込みをする
  3. 数日後、SIMカードや説明書が届く
  4. 説明書を見て、設定したりSIMカードをTCL PLEXに差し込む

といった感じです。

これから、画像を使って説明をしていくのですが今回は「ワイモバイル」に申し込んでTCL PLEXを使う手順ですがOCNモバイルONCやBIGLOBEモバイルでもやり方はほぼ同じですので参考にして下さい。

1:公式サイトへアクセスして申し込みページへ行く

ワイモバイルでTCL PLEXを使う

まず最初に契約する格安SIMの公式サイトへアクセスをします。

そうしたら画像のように「SIMカード」をクリックして申し込みのページへ行きます。

OCNモバイルONEやBIGLOBEモバイルの場合は「申し込み」ボタンがあると思うのでそれを選択して下さい。

良く分からないという方も実際に公式サイトへいってみれば、意外と分かりますよ。

2:料金プランやSIMカードのサイズを選択する

ワイモバイルのSIMカードタイプと 

「SIMカードサイズ」や「契約方法」、「料金プラン」、「オプション」などを選択していきます。

TCL PLEXのSIMカードサイズは「nano」サイズなので、「nano」を選びましょう。

契約方法は、他社から乗り換える方は「乗り換え」、新しく契約する方は「新規契約」を選んで下さい。

多分ほとんどの方は「新規契約」だと思います。

料金プランは、スマホプランSかMがおすすめです。オプションは必要なものを選択しましょう。

終わったら、スクロールして下の方にある「ご購入手続き」をクリックして次へ進んでください。

3:必要な情報を入力する【申し込みを完了させる】

支払い情報や本人確認

申し込みの際に必要となる情報や本人確認書類、支払い情報を入力していきます。

本人確認書類は契約者本人の「運転免許証、マイナンバーカード、パスポート」など何かを用意して下さい。

そして次は、氏名、住所、生年月日などを契約者情報に入力していきます。

そして料金の支払いに利用する「お支払い情報」を入力しましょう。

全て入力出来たら入力内容を確認して申し込みを完了させてください。

4:荷物が届いたら設定をしてTCL PLEXにSIMカードを差し込む

申し込みを済ませたら、最短翌日に荷物が発送されるので数日でワイモバイルから届きます。

ワイモバイルから荷物が届いたら、説明書を読んで設定をして、TVL PLEXにSIMカードを差し込んでいきます。

これで、TCL PLEXをワイモバイル(格安SIM)で使うことができるようになります。

結構簡単なので、皆さんもやってみて下さい。

TCL PLEXの通信費を安く抑えましょう

本記事は「TCL PLEXにおすすめな格安SIM」といった内容でした。

おさらいをすると

何十社もある格安SIMの中から3つに厳選した結果は

  • メインで使うなら「ワイモバイル」
  • 端末を購入したりなら「OCNモバイルONE」
  • サブで利用したいなら「BIGLOBEモバイル」

この3つがおすすめです。

TCL PLEXを格安SIMで利用することによって毎月のスマホ料金を「3,000円」以下に抑える事も可能です。(大手キャリアは、毎月5,000円から1万円くらいかかります)

TCL PLEXで使う格安SIM選びで迷っている方は、ぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

※キャンペーンは期間限定なので、申し込む方はお早めに。

コメントを残す