質問、感想等はお気軽にコメント欄にどうぞ。

【辛口】楽天モバイルのRakuten UN-LIMITをレビュー!デメリットや速度などの感想【使ってみた】

Rakuten UN-LIMITをレビュー

本記事は、楽天モバイルをレビューした記事です。

内容としては

  • 楽天モバイルのRakuten UN-LIMITを使ってみた感想(レビュー)
  • 楽天アンリミットのデメリットとメリット
  • 実際に使って計測した通信速度(スピード)【LINEモバイルとの比較も】
  • Rakuten UN-LIMITEDへの申し込み方法

などを紹介していきます。

楽天モバイル(楽天アンリミット)に興味ある方や契約を迷っている方は、参考にしてみて下さい。

レビューについて

Rakuten UN-LIMITのSIMカードと説明書

↑「本当に契約したのか?」と疑う方もいるかもしれませんので、証拠です。(当サイト(SIMステ)の字が汚いですが、気にしないで下さい)

楽天モバイルをレビューしたのですが、まだまだ使い始めたばかりなので、これからもどんどん更新していきます。

目次(クリックした箇所へ飛びます)

楽天モバイルをレビューする前にプラン内容や通話料金を確認

楽天モバイルをレビューしていく前にRakuten UN-LIMITのプラン内容や通話料金などの詳細を確認していきます。

楽天アンリミットとは楽天モバイルのキャリアサービスのプランです。

楽天モバイルは、それまで格安SIM(MVNO)としてサービスを展開していましたが、この格安SIMのサービスは2020年4月7日に新規受け付けを停止しました。そして自社回線(楽天回線)を使ったキャリアサービスであるRakuten UN-LIMITは2020年4月8日に開始されました。

主な携帯キャリアは、ドコモ、au、ソフトバンクとありますがその中に楽天モバイルが仲間入りを果たしています。

たまに「Rakuten UNLIMITED(楽天アンリミテッド)」と間違われることがありますが、「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)です。

もっと詳しく、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)について知りたい方は

↑こちらをご覧ください。

料金プランはデータ無制限で月額2.980円

Rakuten UN-LIMITのプラン内容

※「Rakuten UN-LIMIT」がバージョンアップされて「Rakuten UN-LIMIT 2.0」になりました。

4月22日からはau回線で使えるデータ容量が2GBから5GBに増量します。契約している人全員が対象なので、4月22日より前に契約した方も5GBへ増量します。

そして、au回線の通信制限がかかった場合の通信速度が「128kpbsから1Mbps」へと10倍程度速くなりました。

プランはこれ1つとなっています。

Rakuten UN-LIMITの料金はこうなっています。表だけでは、分かりずらいのでもう少し説明をします。

Rakuten UN-LIMITのデータ容量は、「楽天回線での通信はデータ無制限」で「au回線で使った場合は月間2GB」、海外で利用する場合は「2GB」です。

何故、au回線と繋がるのかというと、現在、楽天回線は全国でも

  • 東京
  • 名古屋
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 三重
  • 神奈川
  • 千葉

といった限られた地域でしか通信する事ができないので、それ以外の地域で通信するために「au回線」と繋がるようになっています。

「対応していない地域に住んでいる自分は、楽天回線使えないのか」と思うかもしれませんが、来年の2021年3月頃には全国的に楽天回線を使えるようになると発表されていますので「先着300万名限定の月額料金1年間無料キャンペーン」が終わる前に契約した方が良いかなといった感じです。

1年間、スマホ料金無料というのはお得すぎますよね。

現在は、1年間無料キャンペーンが開催されていますがキャンペーンが終わってしまった場合はや2年目からの月額料金は「2,980円」です。

データ無制限で月額2,980円はかなり安いです。

スマホ初心者

キャンペーンで1年間無料になるんだね。終わる前に申し込まないと!
1年間無料なのは凄いけど、月額2,980円でもかなり安いよ。

SIMステくん

次は、通話料金の詳細を紹介します。

通話料金は無料!(国内かけ放題)

Rakuten UN-LIMITでは【Rakuten Link(らくてんりんく)】というアプリを利用することができて、この【Rakuten Link】から電話をすることができます。(このアプリがすごいんです)

【Rakuten Link】で電話をする場合と通常の電話アプリから電話をする場合では料金は変わりますのでそれぞれの通話料金を紹介します。

※LINEの無料通話などは当たり前ですが、無料です。これから紹介する通話料というのは電話番号を使用した通話の事です。

まずは、「通常の電話をした場合の料金」

通常の電話を利用した場合

通常の電話の通話料金
日本から日本への電話20円/30秒
海外から日本への電話できない
日本から海外への電話地域ごとに料金が異なる(高い)
海外から海外への電話できない

※着信は全て無料です

通常の電話で通話した場合の料金はこうなっています。

まぁこれが普通ですよね、どこの携帯会社も同じ料金だと思います。電話をたくさんする人が通常の電話で通話をしたら毎月の通話料金がかなり高くなってしまいます。

ですが、楽天モバイルには「Rakuten LINK」というアプリがあります。このアプリがすごいんです。

次は【Rakuten Link】アプリを利用して電話をした場合の通話料金。

Rakuten Linkを利用した場合

Rakuten Linkの通話料金
Rakuten Link同士0円
Rakuten Link以外に発信日本から日本への電話0円
海外から日本への電話
海外への電話地域ごとに異なる

※着信は全て無料です。

Rakuten LINKアプリから電話を掛ければ海外へ電話を掛ける以外は全て通話料が無料となっています。

他の携帯会社だったら電話かけ放題オプション(月額2,000円以上)に加入しないといけませんが、楽天モバイルは最初から特に申し込む必要もなく無料で通話かけ放題です。

Rakuten LINKアプリは「Google Playストア」からダウンロードするだけです。(無料です)

なので、Rakuten UN-LIMIT(プラン)と契約している方は「Rakuten LINK(アプリ)」を使えば無料で電話をすることができます。

SIMステくん

通話料がかからないというのもRakuten UN-LIMIT(プラン)の大きなメリットです。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)のメリット

Rakuten UN-LIMITは、「今までの携帯キャリアの常識を変えた」というぐらいのサービスなのでかなりメリットがあります。

いくつかメリットを挙げると

  • 月額料金1年間無料
  • 通話料金が無料
  • データ使い放題
  • 追加料金なしで海外で2GB使える
  • 最低利用期間や違約金がない

などのメリットがあります。

それぞれのメリットをもう少し詳しく説明していきます。

先着300万名限定キャンペーンで1年間無料

Rakuten UN-LIMITは月額料金が「2,980円」ですが、先着300万名限定で「月額料金1年間無料キャンペーン」が開催されています。

私は、「楽天モバイル興味あるし、1年間無料なら契約してみよう」という気持ちで契約をしました。

1年間無料で電話したり、インターネット使い放題ってかなりすごい事ですしこんなチャンス普通はあり得ないです。

契約しない人は、スマホ代が1年間タダになるのに、「なんで契約しないの?」という感じです。

契約するかしないかは、その人の自由なんですけどね(笑)

↑一応、先着300万名限定なので終わってしまっている場合もあります。(終わってしまってたら、終了しましたという表示があると思います)

キャンペーンでポイントがたくさんもらえる

1年間無料キャンペーンだけで、お腹いっぱい、十分といった感じなんですけどまだまだキャンペーンがあります。

どういったキャンペーンなのかというと

  • 事務手数料分「3,300ポイント」が貰える(終了日未定)
  • オンラインで契約した人に「3,000ポイント」が貰える(今年の6月30日まで)
  • スマホ本体購入する人に最大「14,500ポイント」プレゼント(今年の4月30日まで)

※ポイントというのは楽天ポイントです。楽天市場や携帯料金の支払いなどに使うことができます。

事務手数料というのは、契約する際にかかる初期費用の事です。どこの携帯会社でもありますが楽天モバイルでも初期費用が掛かります。(払う費用はこの3,300円だけで、後は1年間無料です)

この唯一払わないといけない初期費用が「3,300ポイント」として返ってきます。

そして、オンラインで契約すれば「3,000ポイント」が貰えます。

この時点で「6,300ポイント」を獲得しています。(1年間無料でさらにポイントが貰えるという超お得な楽天モバイルさん)

さらに「楽天モバイルでスマホ本体を購入する人」は購入するスマホにもよりますが最大「14,500ポイント」を貰うことができます。

今持っているスマホにSIMカードを差して使うという人は、無理にスマホ本体を購入する必要はありませんが「新しいスマホが欲しい」という人は楽天ポイントがたくさん貰えるのでとてもお得です。

という事で貰えるポイントは

  • SIMカードのみ契約する人は「6,600ポイント」
  • スマホを購入する方は「6,600ポイント」+「最大14,500ポイント」

貰うことができます。

データ容量が無制限で使い放題

通常の携帯会社は、月間データ容量を「1GB、3GB、7GB、10GB」などの中から選んで契約をします。

なので、契約したデータ容量を過ぎてしまうと「通信制限」がかかり低速通信になってしまいます。(とはいえ、低速通信時の最大速度は「1Mbps」なので結構速く、普通の作業ならそこそこ快適)

通信制限にかからないようにするために、Wi-Fiに繋がっていない場所では「動画を見ないようにする」などデータ容量に気を使わなければなりませんでした。

ですが、「Rakuten UN-LIMIT」はデータ容量が無制限なのでデータ容量を気にすることなくスマホを使うことができます。

常識を覆すようなプランだと思います。

電話がかけ放題(通話料無料)

通常の電話アプリでかけてしまったら普通に通話料金がかかってしまいますが「Rakuten LINK」というアプリから電話を掛ければ通話料金が無料です。

「Rakuten LINK」から電話かけるの面倒くさいと感じるかもしれませんが、「普通の電話のアプリで通話をしていたのをRakuten LINKアプリにする」だけなので面倒くさくありません。

ホーム画面の普通の電話アプリが配置してあった場所にRakuten LINKを配置すればより使いやすいと思います。

通話料無料って(笑)「今まで他の携帯会社で払っていた通話料金って何なんだったんだ…」ってなるくらいお得ですね。

料金が2,980円ととても安い

キャンペーンで1年間無料になっていますが、無料ではない場合の通常料金は「2,980円」です。

Rakuten UN-LIMITは2,980円で

  • データ無制限
  • 通話料金無料
  • 海外では2GB使える

こういったプランなのでかなり安いと思います。

1年間無料ではなく、「2,980円」でも契約する価値ありですね。

購入したスマホにSIMロックがない

Rakuten UN-LIMITは「SIMカードのみ」と「SIMカード+スマホ本体のセット」と2つのパターンがあります。

ソフトバンク、ドコモ、auなどのキャリアで購入したスマホには「SIMロック」というものがかかっていてこのSIMロックがかかっているスマホは購入したキャリアの回線でしか通信ができないという制限があります。

例:ソフトバンクで購入したスマホはSIMロックがかかっているので、ソフトバンク回線以外のau回線、ドコモ回線では利用できない

このスマホにかかったSIMロックは解除する事ができて、解除すればどこの回線でも利用できるようになります。

ですが、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)で購入するスマホにはSIMロックがかかっていません。

なので、楽天モバイルで購入したスマホは

  • ドコモ回線
  • au回線
  • ソフトバンク回線

でも利用することができます。

持っているスマホが使えるので、節約になる

楽天モバイルは「SIMカードのみ」を契約することができて、その契約したSIMカードを現在持っているスマホに差し込んで使うことができます。

実際に私は、楽天モバイルでスマホを購入せずに、SIMカードだけと契約しました。多分、ほとんどの方は「SIMカードのみ」の契約だと思います。

新しいスマホを買わずに済むので、スマホ本体の代金を節約することができます。

Androidは、基本的に使えるみたいですがiPhoneが使えるシリーズと使えないシリーズがあるみたいです。

最低利用期間(縛り)がないので違約金がない

携帯キャリアには、「最低2年間契約しないとだめですよ。もし解約するなら違約金〇〇円を払ってもらいます」といったルールがありますよね。

「Rakuten UN-LIMITは、1年間無料だけど違約金とかあるよなー」と思っていたのですが、まさかの最低利用期間や違約金がありませんでした。

なので、「Rakuten UN-LIMIT」自分に合わないと感じた場合はいつでも解約しても良いという事になります。

「1年間利用してみたけど、楽天モバイルを使い続ける気はない」という人は月額料金無料期間が過ぎる1年後に解約すれば「月額料金もかからず、解約金も無料」という事になります。

楽天モバイル側も、「1年間使って、解約する人がたくさんいる」ことを承知だと思います。

楽天市場でのお買い物で貰えるポイントが1倍プラスされる(SPU1倍)

SPU(スーパーポイントアッププログラム)という楽天市場で買い物をする際の貰えるポイントが挙げるというプログラムがあります。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)と契約すると、SPUが1倍プラスされます。

楽天会員は元々SPUが1倍で、そこに1倍プラスされるので貰えるポイントが2倍になるという事になります。

貯まったポイントは、楽天モバイルの料金の支配らに使う事もできます。

Rakuten UN-LIMITは海外でも2GB使える

Rakuten UN-LIMITは追加料金なしで「月間データ容量2GB」を海外で利用することができます。

使える国は、66の国で観光などで訪れるような主要な国はほとんど対応しています。

アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア

海外へ旅行する時は、普通だったら海外用のポケットWi-Fiなどを借りないといけなかったりしますが、Rakuten UN-LIMITなら借りることなくスマホを海外で利用できます。

長期間、海外へ滞在する場合は月間2GBだと厳しい方もいると思いますが数日間~1週間程度なら2GBでも足りると思います。

このメリットはなくてもRakuten UN-LIMITは良いのですが、あったらあったで嬉しいですね。

SIMステくん

追加料金なしで海外で利用できるなんてすごいね。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)のデメリット

Rakuten UN-LIMITのデメリットは

  • 楽天回線の利用できる場所が限られている
  • 楽天回線対応スマホが少ない
  • サービスが始まったばかり
  • パートナーエリアのau回線は2GBしか使えない
  • 通信速度が不安定になる可能性がある

などがあります。

それでは、それぞれのデメリットを説明していきます。

楽天回線を利用できる場所が限られている

楽天回線は、現在日本全体で利用できるわけではなく

  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 愛知
  • 三重
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫

などの限られたでしか通信ができません。

これが良く「Rakuten UN-LIMIT」のデメリットとして挙げられます。

確かにまだまだ全国利用できませんが、楽天モバイルが公式で「2021年3月までに楽天回線エリアを全国に広げる」といった発表をしています。

今はデメリットですが、将来的には全国どこでも利用できるようになるはずなのでこのデメリットはすぐになくなると思います。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の対応スマホが少ないというか公式で発表されていない

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)は持っているスマホにSIMカードを挿し込んで使う事ができるというメリットもあるのですが、世の中にあるスマホ全てが楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)で使えるという訳ではないというデメリットもあります。

それで「このスマホなら楽天モバイルで使えるよ!」という「楽天回線対応機種」が公式サイトに載っています。

↑ここに自分の使っているスマホがあったら楽天モバイルで使うことができるのですが、なかったらそのスマホは楽天モバイルで本当に使えるか分かりません。

しかし、楽天回線対応機種に載っていないスマホも実際に楽天モバイルで(Rakuten UN-LIMIT)で利用できているという事実もあります。

私も公式サイトで発表されている楽天対応機種に載っていなスマホで楽天モバイルを利用しています。

なので、このスマホ使えたという口コミのある端末、動作確認のあった端末をまとめた記事を作りました。

↑iPhoneを利用している方は、こちらで確認して下さい。

↑こちらで楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の対応機種・楽天回線対応端末を紹介しています。Androidの方はご覧ください。

公式の発表ではないので、あくまでも参考にする程度でお願いします。

他のキャリアと比べて始まったばかり

au、ドコモ、ソフトバンクなどかなり昔から携帯キャリアがありますが、楽天モバイルは2020年4月にサービスが開始されたばかりです。

開始されたばかりだからと言って、「悪いサービス」とは限りませんが他の会社よりも不具合などが起きやすいと思います。

楽天という会社は、かなり大きな力を持っているので「良いサービス」をお客さんに提供すると思いますがまだ始まったばかりなので「ドコモ、au、ソフトバンク」と肩を並べられるか分かりません。

au回線が5GBしか使えない

楽天回線エリア以外ででスマホを利用する場合はどうなるのか?と感じているかもしれせんが、楽天回線に繋がらない場合はパートナーエリアのau回線に繋がります。

ですが、このau回線がデータ使い放題ではなく「月間2GB」しか利用することができません。

「2GBしか利用できないのか」「2GBなんてすぐなくなる」といった声もあります。

でも冷静に考えて見て下さい。

  • 楽天回線ではデータ使い放題
  • auのエリアでは2GBが使える
  • 通話料金は無料

これが1年間無料ですよ?仮に楽天回線が使えなくて、「au回線の2GB」と「通話料金が無料」といったサービスだったとしてもかなり凄い事だと思います。

デメリットとして「au回線では2GBしか使わない」とか言われてますけど「通話料金無料で2GB使えるなら十分でしょ」と私は思います。

※2020年4月22日より、月間データ容量が2GBから5GBへ増量されるみたいです。5GBなら結構使えますね。

通信速度が不安定になる可能性がある

「サービスが開始されたばかり」「楽天回線エリアが狭い」「データ無制限だからたくさんの人が使いまくる」といった理由から通信速度が不安定になることがあります。

月間データ容量が限られていたら動画をたくさん見たりすることができませんが、「データが無制限(使い放題)」なので、Wi-Fiなしで「You Tube」の動画や「Nerflix(ネットフリックス)」や「プライムビデオ」などで映画を観る人も現れると思います。

みんなが大量にデータ通信したら、かなり遅くなるのではないかなと思います。

そしてたくさんの人が利用する時間帯である

  • 朝(通学、通勤時間)
  • 昼(休憩、ランチタイム)
  • 夕方(帰宅時間)

なども回線が混雑して、通信速度が遅くなると思います。

まだまだ、サービスが始まったばかりなので何とも言えませんが「もし、使い物にならないくらいの通信速度」になる場合は楽天モバイルがしっかりと対応をしてくれるはずです。

今のところ楽天モバイルを使っていて、不安定になって通信速度が遅くなるといった事は起きていません。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)をレビュー!通信速度も計測しました

実際に楽天モバイルと契約したので、これから楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)をレビューしていきます。

「楽天アンリミット」を使って実際の速度や使い心地などリアルな感想を紹介していきます。

家に荷物SIMカードが届いたので、スマホに差し込んで使う

楽天モバイルから届いた荷物

楽天モバイルから届いた封筒の表面

↑個人情報がたくさん載っていますので、黒くして隠しました。

楽天モバイルから届いた荷物

楽天モバイルから届いた封筒の裏面

ピンポーンとインターホンが鳴ったので、ドアを開けて配達員の方から画像の封筒を受け取りました。

本人確認などはなく、普通に受け取ることができました。

私の場合は「SIMカードのみ」を楽天モバイルで契約したので、荷物が封筒でしたがスマホ本体も購入している方は小さな箱(段ボール)が送られてきます。

特にトラブルなどが起きることなく普通に楽天モバイルに荷物が届いたので良かったです。

私は「楽天モバイルは早く使ってみたい!」という気持ちがあったのですぐに開けました。

Rakuten UN-LIMITのSIMとガイド

封筒を開けて中身を取り出すと

  • 楽天モバイルのスタートガイド(説明書)
  • SIMカード

の2つが入っていました。

楽天モバイルのスタートガイドには、楽天モバイルは開通手続きの方法が載っていました。

開通手続きの方法と言っても、難しい事をするわけではなく「SIMカードをスマホに差し込みましょう。」みたいな事が載っています。

早速、楽天モバイルのSIMカードをスマホに差し込みます。

楽天モバイルのSIMカード

楽天モバイルのSIMカード

↑SIMカードはこんな感じで、台紙に付いてますので取ります。

SIMカードを台紙からとる

台紙からSIMカードを取り外す

SIMカードを指で押して、取り外します。結構簡単に取り外せました。

このSIMカードをスマホに差し込みます。

「使えなかったらどうしようかな」みたいな気持ちがあったのですが、ちゃんと使えました。

rakutenのキャリアの表示

左上に「Rakuten」と表示されています。softbank、docomo、auでもなく、「Rakuten」と表示されているので新鮮です。

楽天モバイル(UN-LIMIT)の通信速度を実際に計測してみる【LINEモバイルと比較しました】

通信速度(スピード)を計る前に、楽天モバイルのデータ通信で色々と使ってみた感想は「快適じゃん」です。

世間では、

「1年間無料キャンペーンやってるけど、遅いんでしょ?」「多分、始まったばかりだから通信速度も安定しないよ」「楽天モバイルは、通信速度が遅いけど1年間無料だから許してね、怒らないでねって感じだと思う」

↑まだ始まってない頃は、こういった評価でした。

私自身も「遅くかったとしても、1年間無料だし試してみるか」という感じで契約しました。

しかし、良い方向に裏切られました。普通に快適で今のところ何の問題もありません、これがデータ無制限で、国内通話料金無料なので「他の携帯会社になんで料金払っているんだ?」という感覚になります(笑)

↑こちらで楽天モバイルは楽天回線なら本当に無制限なのか?データ使い放題なのか?という事を検証しています。良かったらご覧ください。

そして楽天モバイルの実際に通信速度スピード)も計ってみました。

楽天モバイルの通信速度(スピード)

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイル通信速度計測結果

ダウンロードのスピードが26も出ていますね。You Tubeでいったら高画質な「4K」も視聴することができるくらい快適な通信速度(スピード)です。

アップロードも9と快適です。

実は私が住んでいる地域は、楽天回線に対応しているエリアなのですが、楽天回線エリアの端っこの「ギリギリ楽天回線に対応してる」という場所に住んでいるので「もしかしたら、楽天回線使えないかな、使えても、遅いかな」と思ってましたが速かったです。

多分、もっと楽天回線エリアの中心に住んでいる人はもっと通信速度が速いと思います。

↑今のところ、こちらで確認できる場所が楽天回線に対応している地域です。

楽天回線に対応していない場合は、楽天モバイルのパートナー回線である「au回線」に繋がりますので、日本に住んでいる方なら基本的にはどこでも繋がります。

私の場合は、楽天回線が使えましたが、「楽天回線繋がらなくても、au回線あるから大丈夫だ」と思ったので契約しました。(1年間無料ですし、無料じゃなくても安い)

比較のために、格安SIMのLINEモバイルの速度を計測しました。

LINEモバイルの通信速度

LINEモバイルの通信速度

LINEモバイル通信速度計測結果

LINEモバイルのソフトバンク回線なので、表示は「Softbank」となっています。

楽天モバイルとLINEモバイルを比較すると

楽天モバイルは、のダウンロード速度は「26」でしたがLINEモバイルは、約「5」です、楽天モバイルのアップロード速度は「9」でLINEモバイルは「8」でした。

LINEモバイルの速度でも十分快適にスマホを利用する事はできるのですが、それ以上に楽天モバイルの方が速いという結果になりました。

流石、楽天モバイル(キャリア)です。

Rakuten LINKは使いにくいどころか使いやすい【LINEに似てる】

これから楽天モバイルのアプリであるRakuten Linkをレビューしていきます。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)は、【Rakuten LINK(らくてんりんく)】という専用のアプリを使えば、国内通話料金が無料でSMS(ショートメッセージ)が無料になります。

なので、私もPlayストアにてダウンロードしました。

Rakuten LINKをインストール

Rakuten LINKをインストール

「Rakuten LINK」と検索すると出てきますので、インストールしました。

連絡帳の画面

Rakuten LINKの連絡帳

Rakuten LINK

こちらがRakuten LINKの画面で、この画面は連絡帳の画面です。

下には四つのタブがあり、左から連絡帳、電話、メッセージ(SMS)、設定となっています。

右上のボタンを押せば新しく、連絡先を追加することができます。

電話の画面

Rakuten LINKの着信履歴

電話の画面はこうなっています。着信履歴が表示されていて、右上の虫眼鏡を押すと通話履歴を検索することができます。

虫眼鏡の横のクルクルとなっているボタンを押すと留守番電話を確認することができます。

右下の青いボタンを押すとダイヤルの画面になります。

Rakuten LINKダイヤル画面

こちらがダイヤルの画面です。電話番号を入力して緑のボタンを押せば発信することができます。

メッセージ(チャット)の画面

Rakuten LINKのSMS(チャット)

チャットはこうなっています。SMSをチャット形式で受信、送信することができます。LINEに似ています。

Rakuten LINKのトーク画面

トーク画面

トーク画面はこうなっています。メッセージの左に「二つチェック」がある場合は既読しています。

メッセージの横に「チェックが1つ」の場合は相手は既読をしていないという事になります。

LINEと似ていますが今のところLINEにあるスタンプみたいな機能はありませんでした。

設定の画面

楽天リンクの設定画面

設定の画面はこうなっています。

プロフィール画像を変更したり、名前を変更したりすることができます。

Rakuten LINKを使ってみた感想

「Rakuten LINKを使えば国内通話かけ放題」と楽天モバイルは、なっていますが、「わざわざ、Rakuten LINKから電話しなきゃいけないのか」みたいな気持ちが少しありました。

ですが、普通に電話する時も、普通の電話アプリを開いて電話をするわけなので特に手間はかからないんですよね。

そして、Rakuten LINK自体も複雑ではなく、とてもシンプルで使いやすいという印象です。LINEと似ているところがあるのでLINEをやった事ある人なら使いこなせると思います。

通話の時の音質は、そこまでたくさん通話をしていませんが問題ない音質でした。

これで電話かけ放題なら文句はないなといった感じです。

というか、通話料が無料になるのは凄いありがたいです。

まだまだレビュー更新します

今のところ快適で、「楽天モバイル最高!!」という感じです。

しかし、まだ使い始めたばかりなので、これからは、使い心地、気づいたことなどなどを更新してきます。

Rakuten UN-LIMITの申し込み手順

Rakuten UN-LIMITに申し込む方法を画像付きで説明します。

他社から楽天モバイルへ乗り換え(MNP転入)をする方は

↑こちらをご覧ください。

より詳しく楽天モバイルへ申し込む(契約)方法が知りたい方は

↑こちらをご覧下さい。

それでは、申し込み(契約)の手順を紹介していきます。

楽天モバイル公式サイトへアクセスして申し込み

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)に申し込む

まずは

↑楽天モバイル公式サイトへアクセスして下さい。

アクセスしたら「申し込み」を押しましょう。

楽天モバイルの注意点

「申し込み」を押すと確認事項が表示されますので、確認をして「お申し込み画面に進む」を押して下さい。

プラン(Rakuten UN-LIMIT)を選択する

プランを選択します。現在楽天モバイルのプランは「Rakuten UN-LIMIT」しかありません。

プランを選択して次へ進みましょう。

通話サービスやオプションを選ぶ

Rakuten UN-LIMITの通話サービス

通話サービスやオプションを選びます。「0円」の通話サービスである

  • 留守番電話
  • 着信転送
  • 割り込み通話/通話保留

は最初から選択されていました。

後は、必要と感じたオプションや通話サービスを選択して下さい。(個人的には、全部必要ないと感じたので何も選択しませんでした)

そうしたら下へスクロールして「この内容で申し込む」をクリックして次へ進んでください。

楽天会員に登録、会員の方はログイン

楽天会員に登録、ログイン

既に、楽天会員になっている方は「ID」とパスワードを入力してログインしましょう。

会員ではない方は、新規登録をして下さい。

ログインしたら次へ進みます。

必要な情報を入力したり、電話番号を選ぶ

Rakuten UN-LIMITの本人確認書類

本人確認のために契約する人の本人確認書類の画像を撮ってアップロードします。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

などを本人確認として利用できます。

そして、次は電話番号を選びます。

Rakuten UN-LIMITのMNP(乗り換え)か番号選び

新規契約ではなく、「他社からの乗り換え(MNP)」の方は「現在の番号を引き継ぐ(MNP)を選択して下さい。

新規契約の方は、3つの中から電話番号を選べるのでお好きな電話番号を選択して下さい。

番号を選択したら次へ進んで、「お届けする住所」や受取希望日時」を入力します。

申し込み内容を確認して申し込みを完了させる

進めていくと「申し込み内容を確認する画面」が表示されます。

申し込み内容が間違っていないか、誤字脱字などの入力ミスはないかなどを確認して下さい。

確認したら進んで「申し込みを完了」させましょう。申し込みが完了するとメールが届きます。

Rakuten UN-LIMIT申し込み完了メール

申し込みが完了していますので、楽天モバイルから荷物が届くのを待ちましょう。

申し込み面倒くさいかなと思ってたのですが、意外と簡単でスムーズにいったので良かったです。

期間限定キャンペーンの詳細はこちら

※1年間無料キャンペーンが終わる前に申し込みましょう。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)と契約した感想→「本当に申し込んで良かった」

今回は「【辛口】楽天モバイルのRakuten UN-LIMITをレビュー!デメリットや速度などの感想【使ってみた】想」という記事でした。

楽天モバイルをレビューした分かったメリットは

  • 楽天モバイルは月額料金2,980円でデータ無制限、通話もかけ放題
  • キャンペーンがお得
  • 通信速度が速い
  • Rakuten LINKは使いやすい
  • 持っているスマホに挿し込んで使うことができる
  • 最低利用期間がないのでいつ解約してもいやくきんが発生しない

↑こちらがメリットです。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)をレビューして分かったデメリットは

  • まだまだ楽天回線を利用できるエリアが限られている
  • 公式で発表されている楽天回線対応スマホが少ない
  • サービスが始まったばかりなので、もしかしたら不具合が起きる可能性がある【現時点では起きていません】
  • au回線が5GBとデータ容量がある
  • 通信速度が不安定になる可能性がある【今のところ快適です】

↑こちらがデメリットです。

そして私が楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を使った感想は「契約して良かった。」です。

なぜかというと、「通話料金無料で、データ使い放題、そして通信速度も速い」というのを実際に体験して「通話料金を気にせずにたくさん電話をすることができるし、データ容量を気にせずに動画なども視聴できるし、通信速度が速くてストレスなく快適にスマホを使える」というのを体感したからです。

通信速度は速くて、データ使い放題なので「どこでもWi-Fiに繋がっている」という感覚です。

そして楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)はキャンペーンもかなりお得です。

↑こちら限定で1年間無料になるキャンペーンです。必ずチェックするようにして下さい。

楽天モバイルは今まで使ってきた携帯会社の中で断トツに素晴らしいキャリアです。

↑ご紹介特典(キャンペーン)という裏技もありますので、参考にしてみて下さい。

以上「【辛口】楽天モバイルのRakuten UN-LIMITをレビュー!デメリットや速度などの感想【使ってみた】」でした。

19 COMMENTS

一ノ瀬けいご

ご指摘ありがとうございます。大変助かります。
丁度、Rakuten UN-LIMIT Ver02.0について記事を更新してたところでした!
Rakuten UN-LIMITどんどん良いサービスになっていきますね!

返信する
契約決めました

メリットがすごすぎて、デメリットの立場が弱い笑
特にキャンペーンがすごい。地味に国内通話かけ放題とかも良い

返信する
一ノ瀬けいご

コメントありがとうございます。
楽天モバイルは、今までの携帯キャリアの常識を覆しましたよね。
データ使い放題で国内かけ放題は凄いと思います。

返信する
spirit73

いいことずくめのはずがRakuten Linkのアプリなどインストールしたが、楽天会員だが、何度やっても「エラー会員IDが無効です」の表示が出て使用することができない。いつになれば、本来の機能が使えるのだろう

返信する
一ノ瀬けいご

多分、届いてすぐには使えません。とはいっても、届いたその日には使えるようになると思います。ちなみに私は、エラーとかもなくすぐに利用できました。

返信する
Kurogane12

小生もRakuten UNLIMITを4月10日に申込み最短2日でSIM発送!とあり本日期待していましたが、いまだ「準備中」の状態です。
申込みから何日でSIMが届きましたでしょうか?

返信する
一ノ瀬けいご

コメントありがとうございます。私の場合は、3日で届きました。現在はたくさんの人が申し込んでいるので少し遅いのかもしれません。

返信する
通りすがり

設定の画面って画像に電話番号がモロに写ってますけど大丈夫ですか?

返信する
ゴン太

いろいろ勉強になりました。
たまに、Rakuten LINKを使って電話をかけると通常コール音ではなくワワワワーンみたいな響く音がして、ついでに音楽アプリに入っている音楽が流れて全く電話が繋がらない症状がでるので困っています。楽天に問い合わせても混雑しているのか返答が貰えておりません。
このような症状があったりはしませんか?

返信する
一ノ瀬けいご

コメントありがとうございます!私はそのようなRakuten Linkの通知音の不具合は起きていないです。そして、対処法も今のところ分からないです。ごめんなさい。
スマホ本体の通知音(着信音)の設定を少し変えてみて下さい。もしかしたら何か起きるかもしれません。

返信する
あやか 京都市内

エリア対応になっている箇所なのに(濃いピンク)私の仕事場周辺はパートナー回線にしかならないので、機種代ムダになってしまった感じです。。。

パートナー回線の場合でもアプリ使えば通話は無料ですか?

返信する
なおき

ショップに契約に行ってきたのですが
店員の態度と契約にたいする無知が
あまりに酷く契約出来ませんでした。
事前連絡でMNP予約番号、写真付き 
身分証明書とクレジットカード(無い場合は銀行のカードと通帳のみ)と言われ全て用意してショップに行きました。予約した時間に対面テーブル
に付きましたが、なんと椅子がありません。近くでお年寄りが椅子を持っていって座っていました。
仕方なく僕はカウンター越しに立ち接客する店員は椅子に座る……この時点でかなりの怒りが湧いてきたのですが
グッと耐えて平常心。
店員が説明を始めましたが
いきなり住民票が必要とか言われ
そこで反論!契約のシステムが理解出来ていないらしく後ほど身分証明書に住所が記載されているのを教えてさしあげる。
楽天ミニを購入する為には現金での
購入が不可能らしくクレジットカードでしか購入できないと言われ
クレジットカードを持っていない人は改めてカードを作るか、楽天には契約出来ないと伝えられる始末……
僕は納得できなく、じゃあ楽天モバイルは誰でも購入、契約できない会社なんですか?と尋ねると、そうなりますね。と薄ら笑いの混じった顔で対応される。
ここで怒りが頂点に!!
こんな会社とは契約したくないと
伝え帰ってきました。
ショップ店員自体が全くの勉強不足だし、楽天には研修制度が無いのか大いに疑問も持ちました。
300万台限定でしかも1年間無料と謳っていますが、実際にはその半分の契約数も無い様子です。
大手3社には全ての面で劣っているし
まだまだ日が浅いとはいえ客の立場にたった接客や制度を勉強するべきです。
まわりにも楽天に乗り換えを検討している人がいますが、お薦めしない様に言うつもりです。
因みに札幌ポールタウン店です

返信する
一ノ瀬けいご

コメントありがとうございます。とても災難でしたね。
楽天モバイルショップの店員といってもスマホに関して知識のある人からない人まで様々ですがなおきさんを接客した店員さんはかなり知識のない方みたいですね。そして、自分勝手なお年寄りの方に椅子を取られている。

なおきさんは、乗り換えに必要なMNP予約番号、本人確認書類、クレカ(支払い情報)としっかり用意しているのは素晴しいですね。
ですが、ちょっと運が悪いとしか言いようがないですね。多分、普通こういった酷いことは起きなくてスムーズに契約ができるはずです。
とはいえ、こういった知識がなくて態度もあまりよろしくない店員さんがお客さんを困らせて契約も出来ないというのは問題ですので改善しないといけませんよね。

私の場合は、基本的にはオンラインから契約を済ませましたので特にトラブルはなくスムーズに契約できたのですが、ショップなどは店員さんによってこういった事も起きるのがよくないですね。

楽天モバイルのサービス自体(料金設定や通話、通信速度など)はかなり良いんですけどね‥‥

個人的には、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)は他社より安いですし、キャンペーンもお得で通信速度もそこそこ速いので結構おすすめです。
こういったショップでのトラブルが起きないためにも、これからはショップよりもオンラインでの契約を推していきます。
そして楽天モバイルはこれからが勝負だと思うので、こういった悪い対応が少しでもなくなり素晴らしい携帯キャリアになることを願うばかりです。

貴重な体験談ありがとうございました!

返信する

コメントを残す