質問、感想等はお気軽にコメント欄にどうぞ。

UQモバイルに乗り換える(MNP転入)手順!キャンペーンや違約金、タイミング、デメリットも解説

UQモバイルに乗り換える(MNP転入)手順

UQモバイルに乗り換える人UQモバイルに乗り換える人「今契約している携帯会社からUQモバイルに乗り換える方法(手順)やかかる費用、ベストなタイミングが知りたい。電話番号はどうなる?乗り換えるメリットやデメリットも教えて下さい。それと、MNPする人はキャッシュバックあるの?」

↑これらの疑問を解決します。

最初に知って欲しい事

最初に覚えて欲しい事は、この記事の中で【MNP転入】や【MNP】という単語が出てきますがこれは【乗り換え】という意味です。これだけ、頭の片隅に入れて頂ければこの記事の内容がほとんど理解できると思います。

電話番号はどうなる?

まず乗り換えたら電話番号をそのまま引継ぎができるか?という疑問がありますが、乗り換える人は。

携帯会社への契約方法は、二つあります。

  1. 新規契約←新しい電話番号
  2. MNP転入(乗り換え)←電話番号を引き継ぐ

↑この二つです。

申し込みの際に「新規契約」を選択すると090/080/070の中からランダムに電話番号を新規取得事になります。(下8桁も選べません)

↑新規契約は、基本的に初めてスマホを契約する方が選択します。

乗り換える人は、【MNP転入】を選択しなければ乗り換える事ができません。(電話番号が引き継がれます)

(理解できていない方もいると思いますが、OKです。次に読み進めて下さい)

ネットからの申し込みがお得な理由【キャッシュバック】

乗り換え(MNP転入)の手順は

  • 「UQモバイルショップに行って申し込む」
  • 「ネット(オンライン)から申し込む」

と二通りありますが、「ネットからの申し込み」がおすすめです。

理由は、ネットからの申し込みをした方には限定の【キャッシュバック】があるからです。乗り換える(MNPする)方は、6,000円のキャッシュバックがあります。

/期間限定なのでお早めに\

↑早速乗り換えたい方はこちらをご覧ください。

本記事は

  • UQモバイルに乗り換えるメリットとデメリット
  • 乗り換えに掛かる費用とタイミング
  • 他社からUQモバイルに乗り換える(MNPする)手順

乗り換える事を予定している人、考えているへ向けた記事です。

ソフトバンク、ドコモ、auなどの大手キャリア以外からにも楽天モバイルからmineoからワイモバイルからなど、どこからでもUQモバイルへ乗り換える人は参考にして下さい!

乗り換えの申し込みってやる事3つだけで

  1. 端末のSIMロック解除(SIMフリーのスマホやauから乗り換えの方はこの手順を飛ばしてOKです)
  2. 現在契約中のキャリアでMNP予番号を発行(MNP転出)
  3. UQモバイルに乗り換えの申し込みをする(MNP転入)

流れはこんな感じで、「複雑」「難しそう」と感じる方もいると思いますがいざやってみるとそんな事なくて、それに本記事で解説していますのでそれに沿ってやれば簡単ですよ。

UQモバイルに乗り換えるメリットとデメリットを紹介

UQモバイルに乗り換えるデメリットとメリット

まずは、UQモバイルに乗り換えるメリットとデメリットを紹介します。

乗り換えるメリットとデメリットどちらが、自分にとって大きいのか確かめて見て下さい。

当たり前ですが、【デメリットの方が大きい】と感じた方は乗り換えないでください。

【デメリットよりもメリットの方が大きい】と感じた方だけUQモバイルに乗り換えるようにして下さい。

それでは、まずメリットから紹介します。

UQモバイルに乗り換えるメリット

UQモバイルに乗り換えるメリットは

  • 大手キャリアと比較して料金が半額以下
  • 現在使っているスマホを持ち込みで契約ができる
  • 通信速度が速い(ナンバーワン)
  • 口座振替での支払いが可能
  • データ通信量の繰り越し機能がある

↑こちらになります。

それぞれのメリットを、もう少し詳しく紹介していきます。

大手キャリアからの乗り換えの場合は料金が半額以下になる

大手キャリアのソフトバンク、ドコモ、auは毎月の支払いの料金が平均で7000円程度です。

それに比べて、UQモバイルは毎月2000円程度で契約をすることができます。

半額どころか、3分の1以下です。

格安SIMの名前の通り毎月のスマホ料金が格安になるので、かなりの節約になります。

現在使っている端末を持ち込みで契約できる

UQモバイルに乗り換えをしようとしている方は、現在どこかの携帯会社でスマホを使っていると思います。

UQモバイルに乗り換えたら、現在使っているそのスマホをそのままUQモバイルで使うことができます。(他社で購入したスマホを持ち込みでUQモバイルで使える)

スマホを持ち込みで使う方法は

申し込みで「SIMカードのみ」を選択して「乗り換え」を申し込むだけです。(後ほど、手順を紹介しています)

後は、UQモバイルのSIMカードをスマホに差し込んで使うという流れです。

UQモバイルで新しいスマホを買わなくて済むので、お財布に優しいです。

通信速度が速い(ナンバーワン)

UQモバイルと格安SIMの通信速度の比較表

かなりたくさんの、格安SIM(MVNO)会社がありますがその頂点に立っているのが「UQモバイル」です。

何が頂点なのかというと、通信速度の速さです。他の格安SIMと比較しても圧倒的な速さで勝っています。

平均的な格安SIMは、料金は安いけど通信速度は遅めという感じです。少し通信速度が速い格安SIMでも、朝(通勤・通学時間)、昼(昼休み)、夕方(帰宅時間)などのたくさんの人はスマホを一斉に使う時間は回線が混雑するので通信速度が遅くなってしまいます。

混んでいる時間の通信速度がどのくらい遅いかというと、「SNSだったら画像が見れない」「You Tubeだったら動画の読み込みがとても遅く、すぐに止まる」ぐらいに遅い格安SIMがほとんどです。

格安SIMは、昼とかの混雑する時間帯は使えないみたいなイメージもあります。

ですが、UQモバイルはそんなイメージを覆しています、混んでいない時間はもちろん回線が混みあっている時間でもかなり快適な通信速度でスマホを使うことができます。

大手キャリア並みの通信速度を出すので、大手キャリアから乗り換える人は、「通信速度はほとんど同じなのに、大手キャリアより約5000円安い」という感じになります。

UQモバイルは、とてもおすすめの格安SIMです。

口座振替えで料金の支払いが可能

格安SIMは、ほとんどが「クレジットカードでの支払い」しか対応していなく「口座振替」で支払いをすることができません。

なので、クレジットカードを持っていない方の中には「自分は格安SIMと契約できない」と感じている方もいます。

かつては、UQモバイルも「口座振替」に対応していなかったのですが2017年の9月から「口座振替」で毎月の携帯料金を支払うことが可能になりました。

なので、UQモバイルはクレジットカードを持っていない方でも「銀行口座」があれば契約することができます。

データ通信量の繰り越し機能がある

UQモバイルは、余ったデータの繰り越し機能があります。

どういった機能かというと、今月使いきれなくて余ってしまったデータ容量が翌月のデータ容量にプラスされるという機能です。

契約している月々のデータ容量が9GBで、今月6GBも余ってしまった場合は翌月のデータ容量は「15GB」になります。

※繰り越した分のデータ容量は、また翌月には繰り越す事はできません。繰り越した月で消費しないとなくなるという事です

※繰り越したデータ容量がから先に消費されていきます。

データ繰り越しの方法は、自動的に繰り越されるので申し込みなどもする必要はありません。

データ繰り越しが出来ることによって「今月データ使いきれなかった、もったいない」という事が減って、無駄なくデータを使うことができます。

UQモバイルに乗り換えるデメリット

UQモバイルに乗り換えるデメリット

正直、UQモバイルにデメリットは特にないと私は感じていますがデメリットがないというのも怪しいと思う方もいると思います(笑)

なので、デメリットを1つ挙げてみました。

データ容量(プラン)の選択肢が少ない

他の携帯会社は、データ容量が1GB、3GB、5GB、7GB、10GBと5個くらいの選択肢があります。

ですが、UQモバイルは

スマホプランSスマホプランMスマホプランL
3GB(1,980円)9GB(2,980円)14GB(3,980円)

といった風に3種類のデータ容量です。

もう少し、選択肢が欲しいという方もいるかもしれませんがそこはしょうがないですね。

(シンプルで選びやすいというメリットと感じる方もいます)

UQモバイルに乗り換える際にかかる費用(違約金や手数料)とベストなタイミング

UQモバイルの乗り換えにかかる費用とタイミング

UQモバイルに乗り換える際にかかる費用や乗り換えると良いタイミングを紹介します。

乗り換える際に発生する費用

UQモバイルに乗り換えをする際に発生する費用は、

  • 契約中のキャリアの違約金(契約期間ではない場合に乗り換える場合は無し)
  • MNP転出手数料
  • SIMパッケージ料金(UQモバイルの初期費用)

 

この3つの費用が考えられます。

「3つもあるのかよ」と感じるKも知れませんが、乗り換えて料金が節約できるのですぐに元を取ることができます。払わなければ、乗り換えをできないので払いましょう。

それぞれの費用を簡単に説明させて頂きます。

契約中のキャリアの違約金

こちらは、現在契約している会社との「契約期間中」に乗り換えをした場合に発生します。

その契約している会社にもよりますが、よく「2年縛り」や「最低利用期間」などと呼ばれている期間内に乗り換えをしてしまうと違約金が発生してしまいます。

総務省が「携帯会社の違約金は1000円まで」というルールを作ったので2019年の9月頃に2年契約の違約金が大幅に変更されました。

  • ドコモは違約金が9,500円から1,000円に減額
  • auは違約金が9,500円から1,000円に減額
  • ソフトバンクは9,500円の違約金が0円に

利用者からすると、この違約金の減額や0円になるというのはとても嬉しい事ですね。

主要携帯会社の新しい違約金表↓

会社名違約金の額
ドコモ1,000円
au1,000円
ソフトバンク無し
ワイモバイル無し
楽天モバイル無し
mineo無し
LINEモバイル1,000円
IIJmio1,000円
OCNモバイルONE無し
BIGLOBEモバイル1,000円

半分以上の会社が、違約金無しに変更されています。

UQモバイルには、違約金を負担してくれるキャンペーンなどは開催されていませんが【ネットから乗り換え(MNP)を申し込んだ方限定に6,000円のキャッシュバック】が期間限定でもらえます。

なので、違約金負担はないですがネットから申し込みをしてキャッシュバックを受け取れば、プラスになる方もいると思います。

キャンペーンの詳細はこちら←ネットから申し込んだ方限定のキャッシュバック 

MNP転出料

他社からUQモバイルへ乗り換える場合契約中の携帯会社からMNP予約番号を発行して、UQモバイルへ乗り換えを申し込む際にMNP予約番号を入力する必要があります。

MNP転出料は、この乗り換えが完了すると発生する料金です。(MNP予約番号を発行しただけでは、料金はかかりません。MNP転出料が発生するのは乗り換えが完了した瞬間です。

MNP転出手数料は、

  • ドコモから乗り換える人は3,000円
  • auから:乗り換える人は3,000円
  • ソフトバンクから乗り換える人は3,000円
  • ワイモバイルから乗り換える人は3,000円
  • mineoから乗り換える人は3,000円
  • 楽天モバイルから乗り換える人は3,000円
  • OCNモバイルから乗り換える人は3,000円

といった感じにどこの携帯会社からでも乗り換えをする際は、必ず3,000円程度の料金が発生します

これは、UQモバイルに乗りける時だけではなく、UQモバイル以外の携帯会社に乗り換え差と気も同じように3,000円のMNP転出料が発生します。

SIMパッケージ料金

SIMパッケージ料金は、UQモバイルに契約する際にかかる料金です。初期費用ってやつです。

支払う料金は、「3,000円」です。

乗り換えにかかる費用の合計

  • 違約金
  • MNP転出手数料
  • SIMパッケージ料金

と3つの費用がありましたが、合計すると

  • 違約金を払う人は「7000円」程度
  • 違約金を払わない人は「6,000円」程度

といった感じです

乗り換えるには、必ず払わないといけない費用ですしUQモバイルへ乗り換えたら毎月の料金が安くなりすぐに元を取れる人がほとんどです

なので、費用を払って乗り換える事をおすすめします。

UQモバイルへの乗り換えにベストなタイミング【キャッシュバックがある】

UQモバイルに乗り換えるタイミングは、いつが良い?という疑問があると思います。

先に結論を紹介すると「今乗り換えるのがベストなタイミング」です。

「今、乗り換えたら違約金払わないといけないじゃん。最低利用期間が過ぎて、違約金発生しないタイミングで乗り換えた方が良くない?」という声が聞こえてきそうですが、実はそんなことありません。

というのも、「違約金がなくなるまで乗り換えをせずに、高い月々の料金を払い続ける」よりも、「違約金を払って、UQモバイルへ乗り換えて毎月の料金を安くする」方が圧倒的にお得だからです。

なので、違約金がなくなるタイミングで:乗り換えるのではなく「今、違約金を払ってUQモバイルへ乗り換える」のがベストなタイミングです。

それに、現在「WebからUQモバイルへ申し込んだ方に限定に6,000円のキャッシュバック」のキャンペーンが行われています。

このキャンペーンは、いつ終了するか発表されていませんので今日、乗り換えをしてしまい確実に6,000円のキャッシュバックを受け取ってください。

キャンペーンの詳細はこちら←ネットから申し込んだ方限定のキャッシュバックがあります。

※キャンペーンが終わってしまう前に、乗り換えましょう。

【注意】UQモバイルへ乗り換えを申し込む前に持っているiPhoneやAndroidの対応を確認する

iPhoneやAndroidの動作確認

UQモバイルでは、他社で使っていたiPhoneやAndroidなども持ち込みで契約して使う事が出来ます。(乗り換える方も出来ます)手順的には、UQモバイルで乗り換えを申し込む際に「SIMカードのみ」か「SIMカードして持っているスマホに差し込んで使うといった流れです。なので、現在持っている端末を持ち込みで利用せずに、UQモバイルでSIMカードとセットで新しいスマホも購入するという方は今から紹介する対応の確認をする必要はありません。

【注意】と見出しについているのは、これをしないと最悪の自体が起きるかも知れないからです。

現在使っているスマホをUQモバイルでも利用する事を考えている方はまず、持っているスマホ(iPhoneやandroid)がUQモバイルで対応(動作確認)しているかを確認しなければなりません。

これとても大事で、いざUQモバイルSIMを使ってみたら通信できないとか不具合ばかり起きるとかだったら最悪ですよね。

そんな事を起こさないためにもまずは、自分のiPhoneやandroidが動作確認されているのか確認しましょう。

 

対応しているか確認する方法

  1. UQモバイルオンラインショップにアクセスする
  2. 【SIMのみ】をクリック
  3. 【動作するか確認する】をクリック
  4. 後は自分のスマホが対応しているか確認するだけです

↓画像付きの説明

 

UQモバイルオンラインショップ

 

公式サイトが開いたら、画像にあるように【SIMのみを】選択する

UQモバイルの動作確認

iPhoneを使っている方は【お手持ちのiPhoneが動作するか】をクリック

iPhone以外のスマートフォンを使っている方は【お手持ちのスマートフォンが動作するか確認する】をクリック

そして次に表示されてた画面にて、自分のスマホの対応を確認して下さい。

iPhone11/Proも動作確認されていましたよ!(一応、自分でご確認ください)

/必ず確認するようにしましょう\

 

UQモバイルに乗り換える(MNP転入)手順

UQモバイルに乗り換える(MNP転入)手順

申し込む前の注意点が2つあって、

  • 持っているスマホを使う方は、利用できるか確認する
  • 申し込みする際の入力ミスに気を付ける

という事です。

この2つについて簡単に説明をします。

【注意点1】必ずスマホが使えるか確認

現在使っているスマホをUQモバイルでも使う事を考えている方は、

【UQモバイルへ乗り換える人は必見!】スマホの対応を確認する手順

↑こちらからスマホの対応を確認するようにして下さい。

UQモバイルへ乗り換えを申し込んだけど、持っているスマホが対応していなかった…」という悲しい事が起きないためにも確認は必須です。

【注意点2】入力ミスに気を付ける

UQモバイルへ申し込む際に契約者情報の入力や本人確認をします。

契約者情報入力画面で氏名や住所などの情報を入力するのですが、本人確認書類(免許証など)との不一致や誤入力がないようにして下さい。

ミスがあると、申し込みの審査に落ちてしまいまた1からUQモバイルに申し込みをしなければなりません。それは面倒くさいと思うので間違いがないかしっかりと確認しながら入力するようにして下さい。

ここからが、本題のUQモバイルへ乗り換える手順

まずは、乗り換えの流れを簡単に紹介します。

  1. SIMロック解除(auユーザーはやらなくてもOK)
  2. MNP予約番号を取得
  3. 申し込み(乗り換えじゃない人はここだけ)

という流れになります。

これから私ができるだけ丁寧に解説していきますので、記事の流れに沿っていけば、申し込みを完了させることが出来ます。

やってみると、意外と難しくない事が分かります。

それでは、進めていきましょう!

スマホのSIMロック解除【1】

手順1:スマホのSIMロックを解除する

キャリアで購入したスマホにはSIMロックというものがかかっています、SIMロックとはそのキャリアの回線でしかスマホが通信できないようにする制限です。(Wi-Fiで通信はできます)

UQモバイルはau回線なので、auで購入したiPhoneやスマホはSIMロックがかかっていても使う事ができる場合がほとんどです。

ですが、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルなど他の回線で購入したスマホはそのままではUQモバイルでは利用できないです、

なのでSIMロック解除というものを行わなければなりません。

(SIMロック解除が必要かどうかスマートフォンの動作確認はこちら間違いがないように絶対に確認しましょう。

SIMロック解除したらそのキャリアでスマホが使えなくなるとかそういった不利益(デメリット)は1つもなくむしろメリットしかないです。

メリットとしては、SIMロック解除してあるスマホは高く売れる、海外旅行の時に現地のSIMを使える、そのキャリアの回線以外で通信ができるようになる。

などなどメリットだらけです。

そんなSIMロック解除の仕方をこれから紹介します。

ドコモでSIMロック解除する方法

  1. My docomoにアクセスしてログインする
  2. 少し下にスクロールして「その他の手続きはこちらから」をクリック
  3. 「その他」の欄にある「SIMロック解除」を選択
  4. IMEI番号を入力して「受付確認メールの送信先」にチェックして「手続きを完了する」をクリックして完了です

ソフトバンクでSIMロック解除する方法

  1. My softbankにアクセスしてモバイルにログイン
  2. メニューの「契約・オプション管理」を選択
  3. 下にスクロールして「SIMロック解除」を選択
  4. IMEI番号を入力して「解除手続き」するをクリックして完了

「これだけの解説じゃ分からないよ」という方は↓この記事をご覧になって下さい。

↓ドコモのSIMロック解除方法はこちら

↓ソフトバンクのSIMロック解除方法はこちら

↓auのSIMロック解除方法はこちら

一応auでSIMロック解除する方法も載せておきました。

契約中のキャリアでMNP予約番号を発行(転出)【2】

手順2:MNP予約番号を発行する

MNP(乗り換え)をするためには、現在契約中のキャリアからMNP予約番号というものを発行しなければなりません。

発行した番号はUQモバイルへの申し込みの際に入力します。

10分以内に終わる作業ですので、ちゃちゃっと済ませちゃいましょう。

ショップなどからも発行できるのですが、移動の手間もかかりますし、かなりの時間待つことがあります一時間以上待つこととかざらにあります。

なので1番おすすめで簡単で手っ取り早い電話での発行方法を紹介します。

MNP予約番号の取得手順

各キャリアの窓口(全キャリア受付時間は午前9時~午後8時)

auの窓口→0077-75470(au携帯/一般電話共通)

Softbankの窓口→*5533(Softbankと契約中の携帯)、0800-100-5533(一般電話)

docomoの窓口→151(docomoと契約中の電話)、0120-5000-200(一般電話)

  1. 窓口に電話をする
  2. 自動音声ガイダンスの指示に従う
  3. オペレーターさんに繋がったらMNP予約番号の発行をして欲しい事を伝える
  4. 説明などを受けて、発行が完了する

窓口に電話して自動音声ガイダンスに繋がったら指示に従って番号を押していってください。

そしてオペレーターさんに繋がったら「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝えて下さい。

本人確認の質問やMNPに関する説明をされます。最後にMNP予約番号が発行となります。

携帯電話番号宛のメール(SMS)に予約番号と予約番号の有効期限が届きますので確認して下さい。

↑で説明した通りにやればOKなのですが、もしもっと詳しくやり方を知りたいという方は

auからMNP予約番号を発行する方法|電話がおすすめ!

ドコモからMNP予約番号の発行方法!

ソフトバンクからMNP予約番号を発行する方法

↑こちらの大手キャリア3社の番号発行方法を見ながらやってみて下さい。

注意して欲しいのは有効期限が15日間あるのですが、ここで「まだ余裕があるから申し込まなくていいか」と後回しにするのはNGです、UQモバイルは予約番号の有効期限が13日以上余っていないといけません。

なので予約番号の発行から2日以内に申し込みましょう。(できれば、今日申し込みましょう)

UQモバイルへの乗り換えの申し込みは、すぐ終わりますので予約番号発行したらそのまま申し込めばOKです。

UQモバイルに乗り換えを申し込む【3】

手順3:乗り換えを申し込む

MNP予約番号を発行したら、次はいよいよ乗り換え(MNP転入)の申し込みです。

ぶっちゃけ、1番簡単です。私の説明を見なくてもできると思います、何故かというとUQモバイルの申し込みページの流れに沿ってプランの選択や情報を尿力していくだけなので簡単です。

そして、「あとちょっとでUQモバイルと契約できるのかー」「これから携帯料金は安いのに、大手キャリア並みの通信速度でスマホが使える」「これから、毎月のスマホ料金が超安くなる!」って考えると少しわくわくして楽しい気もします。

とりあえず、申し込み手順の解説はしますが一旦1人で出来るかチャレンジして無理そうだったら私の解説を見ながらやるという方法が一番良いと思います(手順を見ながらやると、かえって効率が悪く時間がかかってしまうから)

それでは、早速申し込んでいきましょう。

\申し込みはお早めに/

 

UQモバイルオンラインショップへアクセス

UQモバイルオンラインショップ

まずは、UQモバイルオンラインショップへアクセスして下さい。

https://shop.uqmobile.jp/

↑UQモバイルオンラインショップ

アクセスすると上の画像のように表示されますので【SIMのみ】を選択して下さい。(UQモバイルで端末も同時に購入したい方は【端末とSIMのセット】を選んで下さい)

お申込みを選択する

UQモバイルに申し込み

お申込みボタンがあるのでクリックして下さい。

契約方法は「のりかえ(MNP)」を選択する

契約方法は乗り換え

乗り換え(MNP)をする方は【のりかえ(MNP)】を選択して下さい

乗り換えではない方は【新規契約】を選択して下さい

料金プランと通話オプション

UQモバイルのスマホプラン(料金プラン)

UQモバイルの通話オプション

  • スマホプランS(3GB)
  • スマホプランR(10GB)

の料金プランの中から1つ選んで下さい。

自分がどれくらいつ使うか分からないという方はとりあえず1番安いスマホプランSを選ぶのが無難です。もしデータ容量が足りないと感じたら後からプランの変更が無料で可能です。

次に通話オプションを選びます。

電話番号を使った通話をたくさんする人以外は、通話オプション無しが良いです。(LINEの無料通話などは、無料です)

通話をたくさんする人は、

  • かけ放題
  • 通話パック

のどちらかから選びましょう。

ギガMAX月割り

ギガMAX月割り

UQモバイルのSIMと一緒にUQ WiMAXのモバイルルーター(ポケットWi-Fi)を契約すると月々300円割引されるというのがギガMAX月割りです。

UQ WiMAXだけで約4,000円するので携帯代と合わせるとい,7000円近くになってしまいます。

特別な理由がない限り、UQ WiMAXは必要ないと思うので【申し込まない】を選択すればOKです。

オプションサービス

UQモバイルのオプションサービス

オプションサービスは

  • つながる端末保証
  • UQあんしんパック
  • 家族みまもりパック
  • KKBOX
  • メールサービス
  • 通話明細サービス

とあるのですが、どれも無料ではなく有料で必要と感じるものはなかったので申しこまない方が安く済みます。

もちろん必要と感じるオプションがあるなら、申し込んで下さい。

ご利用者の年齢確認

UQモバイルの年齢確認

ご利用者の年齢に当てはまる方をチェックして下さい。

ご契約先の選択

UQモバイル沖縄

沖縄に住んでいる方は右の【UQモバイル沖縄】、沖縄以外に住んでいる方は左の【UQコミュニケーションズ】にチェックして下さい。

MNP情報とご契約情報の確認

UQモバイルにMNPする情報を入力

MNP予約番号や有効期限、利用予定の電話番号などを入力していきます。

重要事項の説明

UQモバイルの重要事項を確認

  • 約款・利用規約
  • 重要事項説明

を確認して同意出来たら【同意する】をチェックして下さい。

au IDの申し込み

auIDに申し込む

au IDが欲しい方は、【申し込む】を選んで下さい。

au IDに申し込んで損はないので、申し込んでおいた方が良いと思います。

お知らせ情報の確認

お知らせ情報の配信

お知らせ情報の配信を希望するかどうかを選びます。

私は、こういったメールはどうせみなくて溜まっていくだけなので【希望しない】にチェックしました。

そして【お客様情報入力に進む】をクリックして下さい。

ご契約者情報入力

UQモバイルに個人情報入力

ご契約者情報の氏名、性別、生年月日、ご住所、連絡先電話番号、メールアドレスなどを入力していきます。

サービスのご利用者

サービスのご利用者

サービスを利用者を選んで下さい。

選択したら【ご請求者情報入力に進む】をクリックします。

ご利用料金のお支払い方法

UQモバイルのお支払い方法

ここからは、ご請求先情報の入力をしていきます。まずは、お支払方法を選択します

ご利用料金のお支払い方法を

  • クレジットカード
  • 口座振替(銀行)
  • 自動振り込み

のどれかから選んで下さい

どれがお得とかは特にありませんので、お好みでお選びください。

ご請求先

ご請求先の住所

ご請求書の送り先を選択して下さい。ほとんどの方は上に該当すると思います。

お支払額の確認

ご購入時のお支払額

ご購入時のお支払額というのは契約する時だけに払う料金でいわゆる初期費用みたいなものです。

月々のお支払い額の確認

月々のお支払い額

月々のお支払い額を確認して下さい。スマホプランSの人はこんな感じになります。

登録完了

UQモバイルに申し込み完了

契約情報を確認したら契約(申し込み)を完了させるために【登録を完了する】をクリックして下さい。

次は本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類アップロード

UQモバイルの本人確認

本人確認のために本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類は

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

などがあります。

本人確認書類

これは免許証のサンプルですが、本人確認書類だったら何でもOKです。

こんな感じで全体が写るようにスマホのカメラなどで撮影をして本人確認書類の登録画面にアップロードして下さい。

(できるだけ、ハッキリと撮影をして下さい、あまりにもピンボケしている、影が映りこんでいる写真だと審査に落ちる可能性があります)

申し込み完了

本人確認書類がアップロード出来たら新規契約・乗り換えの申し込み完了です。

UQモバイルから登録したメールアドレスに

  • 新規お申込み受付完了のご案内
  • 新規お申し込み手続き完了のご案内
  • 配送手配完了のご案内

という3件のメールが後々届きます。

申し込みの情報が記載されていますので、消さないように保存しておきましょう。

1日~3日後くらいにUQモバイルからSIMカードが届きますのでそれまで待ちましょう!

申し込みが完了しても契約中のキャリアで電話や通信はまだできます、UQモバイルのSIMが届いて回線切り替えを行った時に契約中のキャリアとは自動的に解約されてUQモバイルにMNP(乗り換え)が完了します。

回線切り替えなどの方法はSIMと一緒に送られてくるマニュアル(取り扱い説明書)に詳しく書かれていますので、マニュアルを見ながら回線切り替えをすればOKです!

これで新規契約・乗り換えの解説は終了です

お疲れさまでした。

まだ、申し込みしていない方は早速申し込みましょう!

/今なら期間限定のキャッシュバック!\

(Webからの申し込み限定で「のりかえ」をする方には6000円キャッシュバックがあります)

UQモバイルのおすすめの料金プラン(スマホプラン)【これを選べばOK】

UQモバイルにMNP転入する人におすすめのプラン

UQモバイルにはスマホプランというものがあるのですが、S、M、Lと3つから選ぶことが出来ます。

名前から予想できる通りSが1番安いプランでLが1番高いプランです。

この3つどれにしようか迷ってします人も多々いますので、今回は使用用途に合わせておすすめさせて頂きます。

UQモバイルの料金プラン

基本的に3つから選ぶようになっていて、

プラン名(データ容量)料金最低利用期間
スマホプランS(3GB)1,980円なし
スマホプランR(10GB)3,980円なし

最低利用期間がないので、いつ解約しても違約金が発生しません。

S、Rのサービスの違いはただデータ容量が違うだけとなっています。

データ繰り越し機能

スマホプランにはデータ繰り越し機能というものが付いています。これは今月余ってしまったデータが翌月に繰り越されてまた使えるというサービスです。

例えば、スマホプランSで契約していて今月は1GBのデータが余ってしまったらこのデータは繰り越されて翌月は3GB+余った1GBで合計4GB使えるって事です。

一応スマホプラン以外にも「高速プラン」と「無制限プラン」という料金プランがありますが、この2つはデータ専用SIMといって電話ができないSIMとなっています。

安いからといって誤ってこちらの電話が出来ないデータ専用SIMに申し込んでしまう人もいるようですので、間違えないようにして下さい。

そしてMNP(乗り換え)はスマホプランでしかできません

おすすめはスマホプランは迷っているならS

自分でどのくらいのデータ容量を使うか理解をしていて、プランをすでに決めている人は良いのですが、どのプランにすれば良いか分からない人はスマホプランSがおすすめです。、。

何故かというと↓
平均データ消費量

出典:スマートフォンのデータ通信量と月額料金に関する調査 –  NTTコム リサーチ

上の表に載っていますが、90.6%の人が月に3GBも使用していないんです、そして1GB未満しか使わない人は70.4%です。

私はどちらかというと、データを使う方なので「世間の人は3GB以上使っている」と思っていたのですが、90%の人たちが3GB以上も使っていませんでした。驚きです。

このことを踏まえると、無駄をなくして1番安くするためにもほとんどの方はスマホプランSで足りるかなと思っています。

なのでほとんどの方はスマホプランSがおすすめです。(自宅にWi-Fiがある方はなおさらおすすめ)

スマホプランS(3GB)と契約をして、もしデータ容量が足りないと感じたらプランをスマホプランRに変更を後からすれば良いです。(後からプランの変更するのは簡単で、手数料などもかかることなく無料で出来ます)

そこそこ動画を見る人やデータに余裕が欲しい人はスマホプランMがおすすめです。

↑料金プランが気になる方は、公式サイトにて確認をしましょう。

UQモバイルへ乗り換えればかなりの節約になる

UQモバイル乗り換える手順、新規契約を申し込む方法などなどを紹介しました。

内容をまとめてみると

使う予定のandroidやiPhoneをUQモバイル公式サイトから対応しているか絶対確認するべき。

ほとんどの方にお勧めのプランがスマホプランSでもしデータ容量が足りないと感じるのであれば後からプランの変更をすればOK。

新規契約・乗り換えの申し込み方法は

  1. SIMロック解除が必要な端末は購入したキャリアでSIMロック解除する
  2. 乗り換えの人はMNP予約番号を発行する
  3. UQモバイルに申し込む

という手順でした。

とりあえずau以外のキャリアのスマホを持ちこみで使う方はSIMロック解除が必須です。

最初は難しそうに感じてしまうのですが、やればそこまで難しいものではなく、慣れない人でも合計1時間もいかないと思います。逆に慣れている人ならすぐに終わります。

最後にUQモバイルに乗り換えるメリットうを少し紹介させてもらうと

まずは大手キャリアより安い部分です。auの月々の料金が6,000円、UQモバイルの料金が2.000円~3,000円とした場合にauからUQモバイルに乗り換えると月々の携帯料金が半額以下になります。

そして、通信速度です。格安SIMと呼ばれる通信会社は確かに格安という名の通り安いです、しかしほとんど通信速度が遅かったりたくさんの人が使う時間帯(通学、通勤時間や昼休憩時間、帰宅時間)には繋がらなくなるなんてこともあります。

ですが、UQモバイルは大手キャリア並みのスピードを出して、たくさんの人が使って混雑する時間帯も快適な速度を出してくれます。,格安SIMアワード通信速度部門第1位

格安SIMの中で圧倒的に1番早く、実績もあります。

乗り換えても通信速度がほとんど落ちずに月々の料金が下がるだけという、裏技的な存在です。

スマホ料金を少しでも安くしたいと考えている方は乗り換えてみてはどうでしょうか?

 

/今なら期間限定のキャッシュバック!\

(Webからの申し込み限定で「のりかえ」をする方には6000円キャッシュバックです)

当記事では【UQモバイルへの乗り換え】について詳しく、分かりやすく解説をしています。ですが、当記事を読んで頂ければ「乗り換える方法」「自分がUQモバイルへ乗り換えべきかどうか」「掛かる費用(違約金や手数料)」「乗り換えのベストなタイミングやおすすめのプラン」など他にも色々な事を知ることができますなので、良かったら当記事を参考にして頂き気持ちの良い乗り換えをして頂けたら幸いです。

以上「UQモバイルに乗り換える(MNP転入)手順!キャンペーンや違約金、タイミング、デメリットも解説」でした。

コメントを残す